Image: 140116 ebay初出品に挑戦

日本以外の国ではメジャーなネットオークションサイト ebay に初めて商品を出品してみる。

ebayは日本語(というか日本の出品者)に対応していないので、オークションシステムも取引も全て英語で行うことになる。落札に関して言えば、ヤフオクではプライベートの掲示板で連絡することで取引を行うが、ebayでは出品者があらかじめ送料を設定し、落札者はページの表示に従ってPayPalで支払いを済ませるだけなので、システム上は双方で会話が発生しない。しかし、実際には商品内容や発送方法について出品者と会話することがしばしばあるため、やはり国際言語の英語によるコミュニケーションが求められる。と言っても、高卒程度の文法理解力があれば辞書片手に何とかなる。

出品に際してわかりにくかったのは送料の設定。まずAdd shippin detailsの横にあるAdd or remove optionsを開いて、「Show international services and options」と「generic standard, expedited, or overnight shipping services」にチェックを入れ「save」をクリック。

EMSで配送する場合、送料は「Flat: same cost to all buyers」を選択し、「Offer additional service」をクリックして地域毎に料金を設定していく。
Image: International shipping - Create your listing in ebay

カテゴリーを2つ設定したり出品期間を10日間に設定したりすると追加の出品料金が掛かるので要注意。

ヤフオクに比べると出品時の設定で少し手間が掛かるが、落札後の取引連絡を省くことができることを考えると大差ない。商品の写真を12枚まで最大1600x1600ピクセルでアップロードできる点はヤフオクよりも断然いい。ヤフオクはいつまで600x600なんだか。

無事落札された後で厄介なのは国際発送の作業。相手国の輸入規制品に該当しないかどうかや、別途インボイスなどの書類を作成する必要があるかを調べる。内容品は詳しく具体的に書かないと税関で足止めを食らう場合がある。
Image: EMS 送り状

ヤフオク同様に手間は多いが、事務作業が嫌いでなく慣れればそれほど苦にならないだろう。それよりも少量出品者としては梱包作業に苦労する。梱包材や緩衝材をストックする余裕はないし。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2016 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain