Image: Intel 335 SSD 3年半経過(2012/11-) 書き込み性能の低下が続く

Image: CrystalDiskInfo

エクスプローラーでフォルダーを作成すると30秒くらいフリーズするので、SSDの異常かと思いベンチマークを取ってみた。上のスクリーンショットは2回目のベンチマーク結果、下は1回目。

読み込み性能は落ちていないが、書き込み性能、特にシーケンシャルライトが安定しない。2年前に取ったベンチマークと比べてみるけど、単純なシーケンシャルライトの値は半減している。中でもランダム4K書き込みの低下は顕著で、2分の1未満に落ちている。新設のSeq Q32T1をどう評価したら良いのか分からないが。

AFTアライメント調整のためXP再インストール - Diary on wind
Image: CrystalDiskInfoImage: CrystalDiskInfo

去年ベンチを取ったCrucial MX200と比較。これなら差が分かりやすい。そして軽くショック。。。まあ、空き容量が全然違うから(震え

Crucial MX200 SSD 250GB MU02適用/購入直後ベンチマーク - Diary on wind
Image: CrystalDiskInfoImage: CrystalDiskInfo

Image: SSD Toolbox

Image: CrystalDiskInfo

ディスク情報表示ツールでSMARTデータを見る限り異常は見られない。ただ、使用時間は2万時間超えで、NANDの書き込み量も16TB超。単純計算で全領域を67回書き換えたことになるが、実際には空き領域の減少で偏りがあるのでどれくらいになるのやら。そろそろ買い替えたい(3回目くらい)

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 5.1.0 x64 (C) 2007-2015 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

   Sequential Read (Q= 32,T= 1) :   515.416 MB/s
  Sequential Write (Q= 32,T= 1) :   231.880 MB/s
  Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) :   121.609 MB/s [ 29689.7 IOPS]
 Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) :    58.659 MB/s [ 14321.0 IOPS]
         Sequential Read (T= 1) :   430.107 MB/s
        Sequential Write (T= 1) :   134.844 MB/s
   Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) :    20.416 MB/s [  4984.4 IOPS]
  Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) :    20.822 MB/s [  5083.5 IOPS]

  Test : 1024 MiB [C: 68.1% (151.5/222.5 GiB)] (x5)  [Interval=5 sec]
  Date : 2016/07/08 12:25:32
    OS : Windows 10 Professional [10.0 Build 14383] (x64)
    Intel SSD 335 240GB@16.3TB/Intel Z97

*** ↓後にCDM 3.0.2で再計測。 ***

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.2 x64 (C) 2007-2013 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   437.819 MB/s
          Sequential Write :   132.513 MB/s
         Random Read 512KB :   365.681 MB/s
        Random Write 512KB :   117.150 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    20.480 MB/s [  5000.0 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    11.918 MB/s [  2909.6 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :   120.170 MB/s [ 29338.5 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    54.920 MB/s [ 13408.2 IOPS]

  Test : 1000 MB [C: 68.4% (152.3/222.5 GB)] (x2)
  Date : 2016/07/09 1:01:44
    OS : Windows 8 Professional [6.2 Build 9200] (x64)
    Intel SSD 335 240GB@16.3TB/Intel Z97

後日、全領域をフォーマット(消去)した状態で再度ベンチマークをとってみました。2年前の状態ほどではないものの、数値はだいぶ改善しました。ただ、テスト毎の数値のぶれが若干大きいので、やはり空き容量減少で並列アクセスが活かせなくなっていることが影響しているように思います。

Image: CrystalDiskMark ベンチ

別のSSDに交換後もエクスプローラーのフリーズは発生するので、この問題はデータの環境依存かWindowsの問題のようです。ハードの問題では無さそうです。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain