Image: ISAバス用グラフィックボード AST-VGA Plus (1988)

1988年にAST Research社から発売されたISAバス用グラフィックボード AST VGA Plusについて。

仕様 (メーカーが公表していた製品情報より)

AST-VGA Plus(PN:202262-001)はIBM PC, PC/XT, PC/ATおよびその100%互換機で動作するVGAビデオアダプター。8ビットまたは16ビット(AT互換)モードの両方に対応。標準で256KB(512KBに拡張可能)のビデオメモリと、PS/2, VGA, マルチシンクモニターにアナログビデオ信号を出力する15ピンコネクターを搭載している。VGA PlusでサポートするビデオモードはMDA, HGC, CGA, EGA, VGAで、すべてアナログモニターでサポートする。

補足しておくと、EGA以前のビデオカードとディスプレイではデジタル信号が用いられており、VGA以降ではアナログ信号が用いられている。上記説明文のアナログ信号・アナログモニターというのはいわゆるVGA信号・VGAモニターのことである。

SVGAとしてサポートする画面モードは以下の通り。

画面モード/VRAM 256K 512K
640 x 480/16色
800 x 600/16色
320 x 200/256色
640 x 400/256色
640 x 480/256色 ×

1024x768以上には対応していない。チップセットはParadise(後にWestern Digitalに吸収)のPVGA1A。最初はParadise製品のOEMかと思ったが、本カードはリテールで単体販売されていたようなのでASTオリジナルの製品である可能性が高い。発売時のリテール価格は599ドル。VRAMアップグレードキットが159ドル。サポートソフトはAutoCAD, GEM, Lotus 1-2-3, Ventura Publisher, Framework II, Symphony, Wordstar。

ディップスイッチの設定

ボードのブラケット側から触れる場所に4連ディップスイッチが1つある。

SW1  ON - 接続されているモニターはアナログモードのマルチシンク
    OFF - 接続されているモニターはPS/2またはアナログディスプレイ
SW2  ON - データ転送レートを16ビットに設定(ボードは16ビットスロットに接続すること)
    OFF - データ転送レートを8ビットに設定
SW3  ON - バススピードは1ウェイトを追加
    OFF - バススピードはノーウェイトで動作
SW4 OFF - 常にオフ

╔═════════════════════════════════════════╗
║                                         ║ ╔═══
║                                       +-╟─╢
║                                    SW1| ║ ║
║                                       +-║ ║
║                                         ║ ║
║                                         ║ ║
║                                         ║ ║
║                                         ║ ║
║                                         ║ ║
║                                         ╟─╢
╚═══════════════╗      ╔═╗             ╔══╝ ║
                ╚══════╝ ╚═════════════╝    ║
                                            ║

ドライバー・ソフトウェア

  • vga-modl.zip VGA MODULE UTILITIES Release 3.00 AST P/N 910362-001 through -004

ビデオモードの切り替え

CGA互換モードやHerculesモードに切り替えるにはDOS上でドライバーソフトウェアに付属のユーティリティ(ASTVGA.EXE)を使う。また、診断ツール(DIAG.EXE)からは現在のビデオメモリサイズ、バス幅などの設定の確認のほか、画面モードの表示テストを行うことができる。

Image: AST VGA Plus Diagnostics

付属するソフトウェア対応ドライバー

上記リンク先のドライバーディスクには次のソフトウェアに対応したディスプレイドライバーが付属する。AutoCAD、CADvance、Framework II、GEMK、Lotus 1-2-3 or Symphony、Ventura、Windows(2.x)、WordStar。

下のスクリーンショットはMicrosoft Excel 2.0(Windows 286実行環境)で800x600/16色のディスプレイドライバーを組み込んだところ。のはずだったけど、今見ると640x480ぽい?何分これは半年前に撮った写真で、今は手元に機材がないので確認できない。

Image: MS Excel 2.0 SVGA

Windows 3.x/95/98での使用は描画速度が遅いのでおすすめしない。また、Windows 2000/XPではISAバスのグラフィックボードはサポートされていない。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain