ASUS P2BのBIOS ROMイメージからCBROM32を使ってcpucode.exeを抽出し、バイナリを覗いてみただけのことです。実物が動くかどうかは知りません。

x=未対応(マイクロコードテーブルにない)

CPUID/BIOS Ver. 1005 1006 1007 1008 1009 1010 1011 1012 1013.1 1013.7 1014.3
632(Pen2 ODP?)                      
633(Pen2 Klamath C0)                      
634(Pen2 Klamath C1)                      
650(Pen2 Deschutes dA0)                      
660(Cel Mendocino A0)                      
670(Pen3 Katmai ES?)                      
665(Cel Mendocino B0) x x                  
653(Pen2 Deschutes dB1) x x                  
672(Pen3 Katmai kB0) x x                  
671(Pen3 Katmai) x x                  
1632(Pen2 ODP) x x                  
673(Pen3 Katmai kC0) x x x x              
680(Pen3 Coppermine ES?) x x x x x            
681(Pen3 Coppermine cA2) x x x x x x          
683(Pen3 Coppermine cB0) x x x x x x x        
686(Pen3 Coppermine cC0) x x x x x x x x x    

違いのポイントとしては、BIOS Ver.1007でPentium Ⅲ Katmaiに対応、Ver.1011でCoppermineに対応というところ。ただし、P2Bの前期ロットでは電圧レギュレータICがCoppermineの要求する1.8V未満の電圧に対応していないものがあり、BIOSをUPしてCoppermine(Slot1/SECC2)を載せても動作しない。電圧要求を変更できるSocket370変換ボード基板を使って、FPGAのCoppermineに1.8Vを掛けて動かすことはできる。PCB Rev.1.12以降であればSlot1/SECC2のCoppermineがそのまま動くことが保障されている。

Image: Intersil HIP6019CB


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain