Image: 180206 アズールレーン×ネプテューヌ [1]まずは指揮官レベル15に

Death end re;Questの発売が4月に延期になったらしい。まあ発売が遅れる可能性は覚悟していたのでさほど落胆しないが、発売1ヶ月前はマスターアップギリギリだろうから、ここに来ての発表は予定外の何かがあったに違いない。水着DLCは、まあ、何が何でも出ると思ってたけど。


ネプテューヌがアズールレーンとコラボしていると聞いたので飛び込んでみた。これを知ったきっかけは、私がフォローしている海外のあるITオタクのブログで偶然取り上げられていたのであって、その人の紹介がなければ知らないままだった。コンパイルハート公式サイトのトップページは巡回しているけどツイッターまでは見てなかったから。

恥ずかしながら、この方アズールレーンどころかガチャゲーを今までやったことがないので、これがガチャゲーデビューということになる。

初回起動でゲームデータを数百MBダウンロードするのでWiFi必須。初期艦しかボイスが出ないと思ったら、設定画面から音声データを更新する必要があったようだ。さらに270MBほどのダウンロード。これでほとんどのキャラのボイスが出るようになる。

Image: アズールレーン

まず、メイン画面のBGMでネプテューヌVのBetween Earth & Skyが流れてくる。最初、PCかテレビか、どこから音が出ているのかとびっくりした。

Image: アズールレーン

下調べを大してせずに始めてみたのだが、「中国版艦これの一つ」と言われても中国製かどうかわからんくらい馴染みやすい。冷静にインターフェイスデザインを見れば、中国製というのがしっくり来る感じ。米英生まれなど横文字の艦名が多く、擬人化キャラは艦これよりも萌えに特化している。

ゲーム本編は一応シューティングゲームだが、装備やステータスなど事前準備とサブウェポンの使い方が重要になる。

Image: アズールレーン

とりあえず、期間限定建造を10数回やってみたけど、まだネプ組の誰も引き出せていない状況。

Image: アズールレーン

当たる気配がないので、過度な期待を捨てて高速建造を使わずに引いたらエンタープライズが出てきた。12月の人気投票で2位だった人気艦らしいが、ラッキー、なのか?

Image: アズールレーン

1-1から1-4まで徹底的にやり込んで指揮官レベル15になった。特典でネプテューヌを入手。1日でよくここまでやったもんだ。

Image: アズールレーン

シリーズ8年目、そろそろ声優の交代があっても咎められないが、今年もネプ子達の声が聞けそうと思うとひと安心。

Image: アズールレーン

寮舎に設置できるアイテムにもネプテューヌシリーズのコラボ商品が追加されている。初期部屋に合いそうなものがなかなか無い。かといってコラボアイテムで内装を揃えようとすると課金額がヤバいので、980円だけ課金して内装を改め、無難そうなNギアバッテリー(?)を置いてみたのだが、思ったよりでかいオブジェだった。

Image: アズールレーン

現在の主力艦隊の編成。まだ能力や組み合わせなど全く考えていないので、育成の早い内にレギュラーメンバーを決めていかないと。

Image: アズールレーン

コラボの期間は2月12日までらしいので、それまでにイベント海域のクリアとノワールは引いておきたいが、間に合うだろうか。ちょっと厳しいかなぁ。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2018 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain