Image: XCAPTURE-1でVGA画面をキャプチャする

スキャンコンバーターの老舗メーカー マイコンソフトのXCAPTURE-1を買ってきた。3万5千円は映像を扱う機器の中では安い部類だろうけど、少なくとも私の感覚では手を出すのに相当ためらう価格帯。取り扱いのある店が少なく現行製品なのか怪しかったが、先日Amazonに珍しく直販在庫があったので買ってみた。

目標はVGA画面モードのPCゲームがプレイできること。仕様表ではアナログRGBで認識する解像度は限られているように読める。実際のところはどうなのか、確かめてみた。

使用環境

録画機

メイン機 → PCプロフィール17/05 - Diary on wind

  • CPU: AMD Ryzen 7 1700 @3.7GHz
  • RAM: 16GB (DDR4-2400 8GB x 2)
  • MB: ASUS PRIME X370-PRO
  • USB HOST: ASMedia USB 3.1 XHCI
  • OS: Windows 10 Pro (Version 1703)

後で確認したらUSBコントローラーが動作保証対象外のASMedia製かつUSB 3.1ポートだったが、今のところ問題なく動作している。

出力テスト機(録画対象)

  • IBM PS/55 モデル5550-TのオンボードVGA

VGA各種画面モードの認識・表示

まず、最新のドライバー(Ver.1.1.0.168.0)ではVGAは640x480しか映すことができなかった。POST・BIOS画面は400ライン (720x400) のVGAテキストモードが使われているが、この画面も映らなかった。

旧バージョンのドライバー(Ver.1.1.0.141)では400ラインモードも映るようになったが、画面によっては自動認識が正しく行われなかったり、端が切れたりするなどの不具合が起きる。ディスプレイのようにボタン一発で自動調整ができないのが不便。アナログ信号ゆえか色合いも少し異なる。

VGA 400ライン (640x400) 補正前

PCのDOSゲームで最もよく使われた有効解像度320x200ピクセルの画面モード。ディスプレイでは640x400または720x400として認識される。

Image: VGA 400-line mode XCAPTURE-1

VGA 400ライン (640x400) 補正後(再切り替え後)

Image: VGA 400-line mode XCAPTURE-1

VGA 350ライン (640x350)

Image: VGA 350-line mode XCAPTURE-1

VGA 480ライン (640x480)

Image: VGA 480-line mode XCAPTURE-1

640x480はくっきり映すことができた。それ以外は特殊画面モードの扱いのようで、画面クロック切替時の表示状況次第では表示範囲が正しく認識されず大きく途切れる場合がある。こうなったときは、画面全体を表示させながらVideoKeeper2を入力切替し直すと概ね正しく表示される。「概ね」というのは、今回テストした場合では画面左端から文字1桁分だけが暗く表示されたため。

IO-DATA GA-SV432/AGP4 (S3 Savage4)のDFP出力をDFP-DVI-HDMI (2個のシンプルな変換アダプター) をかましてHDMI入力させたところ、HDMIスルー出力でディスプレイには映せたがVideoKeeper2ではキャプチャできなかった。このグラボは出力信号の質が悪いので、いわゆる相性問題の範疇かもしれない。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain