Image: DOS用CDドライバー別ベンチマークテスト結果 [DOS]

DOS用ATAPI CDドライバー別でCD-ROMへのアクセススピードを比較してみました。OAKCDROM.SYS、TRICD.SYS、UIDE.SYS、TAISATAP.SYS、CDROMDRV.SYS。

環境

  • CPU: Intel Pentium III 800MHz
  • MEM: PC133 SDRAM 256MB
  • MB: ASUS P2B (Intel 440BX) UltraDMA/33
  • CDD: Toshiba SD-R5002 DVD-RW (CD-ROM Read 40x)
  • OS: IBM PC DOS 2000 日本語版 (英語環境)
  • MSCDEX: MSCDEX.EXE Version 2.25 (PC DOS 2000付属)
  • Benchmark Software: CD Speed 99 v0.76B

SMARTDRV等のディスクキャッシュは使用していません。

ベンチマーク結果

OAKCDROM.SYS - Windows 98/Me付属ドライバー

Windows 98/Meの起動ディスクでMS-DOSリアルモードATAPI汎用CD-ROMドライバーとして使われているドライバー。基本メモリー36,048バイト消費。十分なUMBメモリーがないと基本メモリーを圧迫します。

Image: OAKCDROM.SYS - CD Speed

ドライバー導入時に「Programmed I/O」と出るのでPIOモードでの動作。そのためか、26倍速(約4MB/s)で頭打ちになっています。もっとも、150MBあたりまではドライブの制限値がそのまま出ており、DOS/Win3.1対応ソフトでCDの容量をいっぱいいっぱいまで使うことはないので、十分なのかもしれません。Pen2あたりだとCPUが足を引っ張って結果が変わってくるかも。

TRICD.SYS - Triones DMA (Bus Mastering) IDE drivers V3.70b

VOGONS Vintage Driver Library

Intel PIIX, PIIX3, PIIX4サウスブリッジのバスマスタリングに対応したドライバー。対応チップセットではUltraDMAモードでアクセスするため高速なアクセスが見込めます。基本メモリー7,760バイト消費。

Image: OAKCDROM.SYS - CD Speed

結果は、テスト中にドライブがうなり声を上げ始め、ドライブがおかしくなったのかと思いました。と言うのは嘘です。音やランプを見るにアクセスは正常に行われているはずですが、表示がおかしくなります。数回試しましたが変わりませんでした。原因不明。

UIDE.SYS - FreeDOS 1.1付属ドライバー 10-16-2011

UIDE.SYSは標準ではXMAに64MBのキャッシュを確保しようとしますが、PC DOS 2000のHIMEM.SYSでは63MBまでしか使えずいっぱいいっぱいなので、/S5スイッチを付けて確保するキャッシュを5MBに制限しています。また、/N1スイッチを付けてハードディスクに関する機能は無効にしています。基本メモリー5,280バイト+XMSメモリー5,258KB消費。

Image: UIDE.SYS - CD Speed

ドライブの仕様通り、最大40倍速のスピードが出ており、結果は良好です。

TAISATAP.SYS - Toshiba CD-ROM ATAPI Device Driver Version 1.6984

東芝製CD-ROMドライブ用のDOSドライバー。少し古いバージョン。入手経緯は忘れました。PIOモードしかサポートしていないようで、26倍速で頭打ちになっています。基本メモリー10,752バイト消費。

Image: TAISATAP.SYS - CD Speed

CDROMDRV.SYS - TOSHIBA Enhanced-IDE CD/DVD-ROM Device Driver (ATAPI) Version 2.24

東芝製CD/DVDドライブ用のDOSドライバー。去年まで東芝サムスン(TSST)のサイトからダウンロードできたはずですが、現在は削除されています。標準ではPIOモードで動作しますが、/Bスイッチを付けるとDMA転送をサポートします。対応チップセットはIntel PIIX, PIIX3, PIIX4。基本メモリー7,502バイト消費。

Image: CDROMDRV.SYS - CD Speed

結果は良好。UIDE.SYSとほぼ同じグラフになっています。

(EOF)


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain