PS4用ビジュアルノベル『デート・ア・ライブ 凜緒リンカーネイション HD』をプレイ。ラノベの原作は読んだことがなくアニメも1期しか見られていないが、ゲームの存在自体は発売当初から知ってて、この度HD版が発売されたということで買ってみた。

これ1本で、凜祢ユートピア、或守インストール、凜緒リンカーネーションの3作品本編とそれぞれの特典冊子・ドラマCDの内容を収録しており、ブルーレイ3枚+CD3枚+小冊子3冊分という数だけ見ればボリューム満点のように見える。限定版ではさらにドラマCDと小冊子、予約特典でさらに別のドラマCDとPS4用テーマが付いてくる。特典抱き合わせで価格をつり上げる。これぞジャパニーズ商法。ま、買う側も納得しているだろうしWin-Winだから良いのだろうけど。

今日までで凜祢ユートピアの凜祢ルート以外はクリアしたところ。タイトルが重大なネタバレになってるよねー。でも凜祢ルートへの入り方が分からん。これはもうググるしかないのか。

どのヒロインにも魅力はあるけど、十香が反則的にかわいいことがよくわかった。特に、立ち絵が動くMotion Portraitはネプテューヌシリーズにもあるけど、十香の場合は体全体がぴょこぴょこ揺れ動くから一層かわいい。

狂三ルートと折紙ルートのはだけた制服CGはかなり攻めてる。いくらギャルゲーで似たシチュに見慣れていても、コンシューマゲームでこういうのを見ると別の意味で一層ドキッとする。。。中高生のオカズになりそうだな。

とりあえずユートピアから脱出する方法を見つけないと。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain