Image: トラック0エラーが出るフロッピーディスクを強制フォーマットする

FORMATコマンドを実行すると「メディアまたはトラック0が不良です」というエラーが出てフォーマットできないフロッピーは、/Cスイッチを付けることで、エラーやメディアタイプのチェックを無視して強制的にフォーマットできる。

例えばBドライブにある5インチ2HCフロッピーの場合はFORMAT B: /U /C /F:1.2とする。B:は対象のドライブ文字。/UはUNFORMAT情報を残さない無条件フォーマット。/Cはクラスタエラーを無視?(PC DOS 7のコマンドリファレンスには記載されていない)。/Fでフォーマットタイプ指定。

PC DOS 2000のFORMATコマンドで使用済み5インチフロッピーディスクをフォーマットしようとしたところ、「メディアまたはトラック0が不良です」というエラーが出てフォーマットがキャンセルされてしまった。Win98上でも同じようなエラーが出てフォーマットできなかった。たぶん、PC-98のN88-日本語BASIC(86)でフォーマットしたディスクなので、トラック0がMFMでなくFMで記録されていることが問題なんだろうと思う。ディスク自体に問題ないはずなので、何とかフォーマットする方法はないかと探ったところ、このコマンド・スイッチで無事フォーマットできた。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain