灼眼のシャナ16話は録画予約をし忘れて見れなかった。

・概要(EPG番組説明より)
清秋祭を舞台にした戦いにより生まれた幾つかの決意。新たな鍛錬を始めた悠二、進むべき道を見つけた佐藤。だが、その決意を揺るがす事件がヨーロッパで発生した。

今話はこの概要どおり。原作で言えば、第13巻の後半から14巻辺りだろうか。

悠二は鍛練のレベルを高め、佐藤はアウトロー(外界宿)で働くことを決意。しかし田中は、清秋祭の戦いで見た、封絶の中でマージョリーの手によって傷つけられていた緒方の姿が頭から離れられず、マージョリーに付いていくこと(つまりフレイムヘイズに係わること)をやめる。そして佐藤とは全く別の道を歩むことを決意する。

大体のストーリーの流れはこのような感じです。

さて、今回か前回からなのか分からないが、OP、EDが変ってますね。
OPの描写がとてつもなく動きが激しくて、目に悪いのだがw...
あまりにも動きが激しくOPのSCを撮るのが大変なので、SCは省略しておきます。
まあ制作側にもそれなりに苦労を懸けているんだろうね。

次回は原作14巻のメイン「"聚散の丁"ザロービ」との戦いへ。


↑アイキャッチ


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain