前回に2008のリソースエディタを説明しておきながらこの記事では順序が変ですが、そこはお気にせずに。。。

Visualstudio2008は2005と比べても外観(インターフェース)はほとんど変更されていないので、これと言って特徴は無いのだが。。。

Express Editionでインストールしたコンポーネントは、
・共通


・Visual C++

SDKはC++とC#の共有コンポーネントなので、C#のみをインストした場合でもSDKは付属します。

・Visual C#


・Visual Web Developer


(※VisualBasicは必要無かったので入れてません。)

気になった点としては、SDKが一緒にインストールされている点。前バージョン2005では、API等を使う際にMicrosoftSDKを別途DL、インストールする必要があった。
今回バージョンではSDKが自動で一緒にインストールされている。
(※SDKがわからない方はコチラ

しかしファイルをよ~く見てみると、サンプルやマニュアルがインストールされてない。


↑Microsoft Windows SDK6.0 forVista


↑今回のVS2008 C++と一緒にインストールされたMicrosoft Windows SDK

ヘルプマニュアルはMSDN2ライブラリを見れば済むことだが、サンプルコードが付属されないというのはどうだろうか。

SDKのサンプルはかなり充実していて、またAPI等の利用の参考にもなります。なので、できればMicrosoft Windows SDKを別途DL&インストすることをお勧めしますよ。
(僕のPCにはあらかじめSDKが入っていたので、たまたまサンプルとマニュアルがインストされなかったのかもしれませんが。。)


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain