昨日はフラッシュを再生する方法について書いたので、今日は保存する方法について書こうと思います。
でも、保存の方法なんてわざわざ書くようなほどのことでもない気がするが・・・


○フラッシュファイルへの直リンクがある場合
IOSYSさんのサイトを例にとりました。このように「~.swf」といったフラッシュファイルへの直リンクがある場合はそれを右クリックして、IEの場合「対象をファイルに保存」、Firefoxの場合「名前をつけてリンク先を保存」から保存することができます。


書かれている「埋め込みオブジェクト」については後に説明します。
Firefoxの場合はフラッシュファイル(.swf)を開いてからでも保存できます。



○ページ内に埋め込まれている場合
例はmofla.tv


このような場合、右クリックでの保存はできません。また、フラッシュファイル本体は別の場所にあるため、ページの保存を行っても肝心なフラッシュファイルは保存されません。
そこで次のようにします。

Firefoxの場合、ページ上を右クリックして「ページのソースを表示」を選択。
するとこんな画面が開きます。

この文字の羅列の中からembedタグ(またはobjectタグ)
「<embed~></embed>」と書かれている部分を探します。

そこに「"」で囲んである、「~.swf」と書かれている部分があります。このアドレスをコピーしてアドレスバーに貼り付け、移動します。
先ほど紹介したように「ファイル」→「名前を付けてページを保存」より、保存できます。

IE(IE7で確認)の場合、この方法は通じないと思います。IEでは動画ファイル(flv)を保存する時と同じく、一時ファイルが保存されているフォルダから「~.swf」というファイルをコピーしましょう。

○関連記事
・フリーソフトも使わずに保存したフラッシュ(.swf)を見る方法


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain