メールをマルチブート環境で共有したいという人は多いと思います(Officeを同じPCの複数のOSに入れる人はそういないと思いますが。)
ここではマルチブート環境(XPとVistaの両方をインストールしたPC)でメールデータを共有する方法を紹介します。

本題に入る前に…
メールは受信トレイ、送信済みトレイなどのフォルダに分けて整理していると思いますが、
通常これらのフォルダはまとめてHDD上の1つのファイルに保存しています
(複数の保存先に分けていたり、"古いアイテムの整理"設定をしている場合は当然2つ以上のファイルに振り分け保存していることになる。)
Outlookではこのファイルも「個人用フォルダ」「保存用フォルダ」と呼んでいて、内部のフォルダと区別がつきにくくなっています。
その点には注意してください。
以下ではこのファイルをメールデータファイルと呼びます。

MS Outlook 2007 での設定方法を紹介します。

1.「ファイル」→「データファイルの管理」をクリック。
(Outlook 2010の場合、「ファイル」→「情報」→「アカウント設定」)
2.「追加」→「Office Outlook 個人用フォルダ ファイル」をクリック

3. ダイアログが開いたら、メールデータが収納うされているファイルを選択します。


メールデータファイルの場所は

C:\Users\[ユーザー名]\Documents\Outlook ファイル
C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\Outlook
C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Local Settings\Application Data\Microsoft\Outlook

などにあります(WindowsやOfficeのバージョンによって異なる。)拡張子は .pst となっています。
archive.pst は保存用のメールデータファイルなので、必要であればこれも追加しておきます。
さらに他の保存先にメールを分けていた場合はこれらも追加しましょう。

4.メールデータのファイルを追加したら、それ(archive.pstでない方)を「既定に設定」します。
5.Outlookを再起動後、再びデータファイルの管理を開き、元のメールデータファイルを削除します。
※もし既にメールを前のメールデータに受信しているのであれば、削除する前にメールを移動しておきます。

※以下は古いアイテムの整理を設定しない場合は設定変更の必要なし
○Outlook 2007の場合
6.「ツール」→「オプション」→「その他」タブ→「古いアイテムの整理」とたどります。
7.「古いアイテムを移動する」に前の archive.pst にファイルパスが設定されているので、
今回追加した archive.pst のファイルパスに変えておきます。


設定対象のフォルダを右クリック→プロパティより、下記のOutlook 2010と同様にメールフォルダ毎に古いアイテムの保存先 メールデータファイルを指定・変更することもできます。
ただし設定が複雑になり、再設定が必要になった時に面倒なことになるのでお勧めできません。

○Outlook 2010の場合
6. 受信トレイ または設定対象のフォルダを開いておきます。
7.「フォルダ」タブ →「自動整理の設定」とたどります。
8.「既存の保存設定」→「古いアイテムを移動する」に前の archive.pst にファイルパスが設定されているので、
このファイルパスを変えておきます。
フォルダ毎に設定を変える場合は「以下の設定でこのフォルダーを保存する」に●を付けてこちらも該当するメールデータファイルのパスに変えておきます。


個別に設定をする場合は他のフォルダを開いて同じように設定します(だから設定が面倒になるんです。)

これでメールデータの共有設定が完全にできました。
アカウントの設定は共有できないので、作り直しておきましょう。
なお、メールサーバーにメールを保存するように設定してあると、既に別のOSで起動中に受信したメールも再度メールサーバーから受信して重複してしまうので注意してください。

○更新
10/07/17 Outlook 2010に対応。他にもいろいろと修正。
10/04/19 作成


旧ブログでのコメント

AUTHOR: どら
URL:
DATE: 2010/07/15 23:15:52
感謝
大変参考になりました。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain