Image: セッションの戻る・進むの記憶ページ数を増やす [Firefox]

Firefoxで同一セッションのページ閲覧履歴(「戻る」「進む」ボタンで移動できるページの数)を増やす方法。Firefox 14.0時点での情報。

同一セッションのページ閲覧履歴の保存数は標準設定では50ページまで保存される。50ページを超えると一番古いページの履歴から削除されるため、50ページ以上は戻ることができない。この設定を変えるには、Firefoxの詳細設定(about:configやuser.jsなど)で次の項目を追加または編集する。

設定名 データ型 既定値
browser.sessionhistory.max_entries 整数 50

他に似ているが意味が異なる設定がいくつかある。
browser.sessionhistory.max_total_viewersはセッション毎に最近閲覧したページでキャッシュ(メモリ)に保存するページの数を指定する。"-1"を指定した場合は搭載メモリ容量に応じて0~8の範囲で自動設定する。"0"にした場合はキャッシュを無効にする。

設定名 データ型 既定値
browser.sessionhistory.max_total_viewers 整数 -1

閲覧履歴に保存するページ数はplaces.history.expiration.max_pagesで指定する。この項目は標準では存在しないので、about:configからは項目を新規追加する必要がある。なお、標準では保存する履歴ページ数はハードウェアの性能に合わせて決定され、places.history.expiration.transient_current_max_pagesで知ることができる。古いバージョン(3.6以前)では保存する履歴の数を日数で指定していたが、現行のバージョン(4.0以降)では自動的にページ数で決めている。

設定名 データ型 既定値
places.history.expiration.transient_current_max_pages 整数 (不定)
places.history.expiration.max_pages 整数 (なし)

comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain