Image: 日本語MS-Windows 3.1の概要 [PC/AT互換機]

Windows 3.1についてネット上に活用情報は転がっているものの、日本語版についての基本的な情報がない。そこで日本語Microsoft Windows 3.1についてここにまとめてみる。

○概要

Microsoft Windows 3.x [ja:Wikipedia]

Microsoft Windows 3.1 日本語版はマイクロソフト(PC/AT互換機用、PC-9800シリーズ用)、日本IBM(PS/55およびPC/AT互換機用)、日本電気(PC-9800シリーズ用)、富士通(FMRシリーズ用、FM Townsシリーズ用)など、各社から発売された。PC/AT互換機で動作するWindowsにはMicrosoft版とIBM版がある。
いずれも単体では動作せず、別売のIBM DOSまたはMS-DOSをハードディスクに導入した上で、DOS上からWindowsのセットアッププログラムを起動してハードディスクに導入する。
ちなみにPC/AT互換機で動く日本語版Windowsの最初のバージョンは3.0。下の画像は初期のDOS/V機の広告。(1991年)
Image: Advert of Seiyu DynaStar PS-386/33Image: Advert of IBM PS/55 5523S, 5530Z SX

○パッケージ外観写真

Image: Box of Windows 3.1 for IBM PC released by MicrosoftImage: Windows 3.1 for NEC PC-98 released by Microsoft
Image: Box of Windows 3.1 for IBM PC released by IBMImage: Windows 3.1 for NEC PC-98 released by NEC
左上から、Microsoft MS-DOS 5.0/V対応版、Microsoft PC-9800シリーズ対応版、IBM版、NEC版。
IBM版以外のパッケージ写真は→ぱそこん倶楽部さんのサイトより拝借。

○カタログデータ

[Microsoft] マイクロソフト ウィンドウズ 3.1 日本語版 カタログ データ

■必要システム
コンピューター本体 80386SX以上のCPUを搭載しているIBM PC/AT互換機
必要ソフトウェア Microsoft MS-DOS 5.0/Vおよび
IBM DOS J5.02/V、またはそれ以降
最小稼動メモリ容量 4MB
推奨メモリ容量 6MB以上
必要ディスク装置 最低 25MB以上のハードディスク空き容量
Windowsをハードディスクに組み込むために、
少なくとも 1台のフロッピーディスクドライブが必要
ディスプレイ VGA互換ディスプレイアダプタ
キーボード 106日本語キーボード、AX日本語キーボード、101英語キーボード、
IBM5576-001/002/003、5523-Sキーボード
マウス マイクロソフト マウス、または互換マウス
■パッケージ内容
ディスク FD12枚またはCD-ROM1枚
配布メディア 3.5インチ FD、または CD-ROM
マニュアル お使いになる前に/今日から使える Windows3.1/機能ガイド/日本語入力ガイド
発売元 マイクロソフト株式会社
■価格(税抜)
Microsoft Windows Version 3.1 標準価格 19,800円
Microsoft Mouse & Windows Version 3.1  標準価格 24,800円

一部内容はこちらのページを参考にしております。
"Microsoft Mouse & Windows Version 3.1"はWindows 3.1とマウス"Microsoft Mouse Version 2.0"(単体価格12,500円)とのセットです。

[IBM] 日本語Microsoft Windows Version 3.1 カタログ データ(差分のみ)

■必要システム
システム装置 [PS/55 note]
5523-S0、N23SX、C23V、M23V、N27SX、N51SX/SLC、C52 486SLC
[PS/55]
5510-S/T、5530-S/T/U/V/W、5535-S、5540-T、5550-S/T/V/W/N/Y、
5560-W/N、5570-T/V、5580-Y/W、8595-J
[PS/V]
2405-W/Y/N、2410-Y/N
[Thinkpad]
220、320、550BJ、720C
[PS/55 Ultimedia]
9557-1BA/2BA
必要ソフトウェア IBM DOS J5.02/V以降
■パッケージ内容
ディスク 3.5インチ2HD(1.44MB)14枚またはCD-ROM1枚
マニュアル お使いになる前に/今日から使えるWindows3.1/機能ガイド/
日本語入力ガイド/IASインターフェースかな漢字変換プログラムを使うには
発売元 日本アイ・ビー・エム株式会社
■価格(税抜)
日本語 Microsoft Windows V3.1 (ディスケット版) [5605-PEW] 標準価格 21,800円

○IBM版のMicrosoft版との違い

  • DOSプロンプトとIBM DOSとの互換性・安定性を高めている。
  • IAS準拠のかな漢字変換プログラム(IBM連文節変換プログラムやATOKなど)がWindows上で使える。(Windows標準のMS-IMEに切り替え可能。)
  • PS/55プリンター(IBM 5577/5587)をサポート。
  • PS/55高解像度ディスプレイII、XGAディスプレイアダプター/A、XGA-2表示アダプター/A、PS/V(ET4000チップ)、 ThinkPad(WD90C24、WD90C26チップ)のディスプレイドライバーが付属。(Microsoft版と同様のVGA用ディスプレイドライバーも付属。)
  • システムフォントがPS/55仕様。ただしIBM DOS付属の$FONT.SYS以外のフォントドライバを使用している場合や、MS-DOS/V上でWindowsを使用している場合は、MSゴシックになる。

○各社から発売されたバージョン3.0以前の日本語MS-Windows

Windows 3.0以前はマイクロソフト社(日本法人)からは単体パッケージは販売されておらず、各PCメーカーからそれぞれが販売する機種に対応したWindowsが発売された。以下にその一部を挙げる。なお、当時のWindowsのキラーソフトである日本語版Excelの最初のバージョン「Microsoft Excel Version 2.1」は1989年5月に発売されている。

メーカー 製品名 価格(円) 発売日 対応機種
日本電気 日本語MS-Windows - 1986年12月 PC-9801VX4/WNに付属
日本電気 日本語MS-Windows(Ver.1.01) 20,000 1986年12月 PC-9800シリーズ
日本電気 日本語MS-Windows(Ver.1.02) 20,000 1987年6月 PC-9800シリーズ
富士通 日本語MS-Windows Ver.2.0 20,000 1988年7月 FMRシリーズ
日本電気 日本語MS-Windows(Ver.2.0) 21,000 1988年9月 PC-9800シリーズ
ソニー MS-Windows 2.1 ? 1989年 QuarterLシリーズ
エプソン MS-Windows Ver.2.11 20,000 1990年3月 PC-286/386シリーズ
日本電気 日本語MS-Windows(Ver.3.0) 25,000 1991年1月 PC-9800シリーズ
富士通 日本語MS-Windows V3.0 25,000 1991年2月 FMRシリーズ
エプソン 日本語MS-Windows V3.0 25,000 1991年7月 PC-286/386シリーズ
日本IBM 日本語MS-Windows V3.0 25,000 1991年3月 PS/55(DOS/V)
東芝 日本語MS-Windows V3.0 1991年4月 J-3100シリーズ
富士通 日本語MS-Windows V3.0 L12 25,000 1991年6月 FM TOWNSシリーズ
ソニー 日本語MS-Windows Ver.3 35,000 1991年6月 QuarterLシリーズ

○Windows 3.1 OEMメーカー一覧

パッケージとして市販されていたかどうかまでは確認していないが、少なくとも下記のメーカーにはWindows 3.1がOEM供給されていた。

  • ASTリサーチ
  • AT&T情報システム
  • NEC
  • EPSON
  • 沖電気
  • 日本オリベッティ
  • キヤノン
  • コンパック
  • 三洋電機
  • ソニー
  • 日本DEC
  • DELL
  • 東芝
  • Panasonic
  • 日立製作所
  • 富士通(FMR, FM-TOWNS)
  • マイクロソフト(MS-DOS/V, PC-98)
  • 日本ユニシス

○日本語MS-Windowsの最初のバージョン

日本マイクロソフトの社史では、1987年6月に日本電気からNEC PC-9800シリーズ用に日本語MS-Windowsが発売されており、これが最初のMicrosoft Windows 1.0日本語版とある。しかし、実際はそれよりも前の1986年12月に発売されたNEC PC-9821VX4/WNで日本語MS-Windowsがプリインストールされており、ほぼ同時にPC-9800シリーズ用MS-Windowsの単体パッケージも発売されている。
それでは、1987年6月発売のMS-Windowsは何かというと、月刊アスキー1987年7月号には「表示スピードを高速化した」という説明があることから、初版の問題を改良したバグフィックス版だろう。

日本電気のMS-Windows V1.0はこちらが参考になる。
NEC PC-98版Windows Ver1.0とDOS Ver3.1 - 我楽多

Image: Windows 8 Pro DSP Limited Edition Back
Microsoft Windows 8 Pro DSP 限定版の特典封入BOXの裏面の一部。

Image: MS-Windows 1.0 Advertisement from Nikkei Computer Aug.5,1985
日経コンピュータ1985年8月5日号に掲載された、アスキーによるMicrosoft Windows 1.0の広告。Microsoft日本法人設立以前はMicrosoftの製品はアスキーが扱っていた。結果的にWindows 1.0は発表から発売まで1年以上かかった。


○日本IBMから発売されたWindows V3.1(いずれも販売は終了しています。)

製品名 プログラム番号 価格(円) 販売開始日 販売終了日 最終リビジョン
日本語 Microsoft Windows V3.1 5605-PEW 21,800 1993年6月 1999年12月 3.10F(1997年10月)
日本語 Microsoft Windows V3.1 (CD-ROM版) 5605-PFW ? ? 1999年12月
日本語 Microsoft Windows V3.1 マニュアルなし 5606-PEW ? ? 1999年12月
日本語 Microsoft Windows V3.1 (CD-ROM版) マニュアルなし 5606-PFW ? ? 1999年12月
日本語 Microsoft Windows V3.1 マニュアルのみ 9995-PEW 5,000 ? 1999年12月 -

○IBM版MS-Windows 3.1Jの問題修正ディスケット(アップデータ)について

IBM版Win3.1用のバージョン3.10Fへのアップデータが現在もVectorサイトよりダウンロード入手できる。現在はマイクロソフトのサイトから削除されてしまった、ファイルマネージャー(WINFILE.EXE)の2000年問題の修正も含まれている。
修正ファイルが適用されたことを確認するには、DOS上で「C:\Windows\WINVER.EXE」を実行する。「[IBMJ]Windows J3.10F」と表示されれば修正ファイル適用済み。なお、後からプリンターのドライバーなどをWindows 3.1のセットアップディスケットから導入する場合は、3.10Fのアップデータを再度実行して修正ファイルを適用する。

○Win3.1をインストールする

Win3.1の実用的な情報は下記記事を参照。

DOS/VとWindows 3.1を動かす [PC/AT互換機]

○Win3.1のスクリーンショット

Win3.1のスクリーンショットは下記記事を参照。

→NEC版MS-Windows 3.1のスクリーンショット集 [PC98] (リンク切れ)
DOSBoxにWindows 3.1日本語版を導入

○Win3.1付属のマニュアル類

資料名称 付属先
Quickユーザーズガイド Windows 3.1がプリインストールされている機種
お使いになる前に パッケージ版、マニュアル・パッケージ(9995-PEW)
今日から使えるWindows 3.1
機能ガイド
日本語入力ガイド(MS-IME for Windows)
IASインターフェースかな漢字変換プログラムを使うには

各マニュアルの目次はこちらを参照。

Win3.1日本語版 各マニュアルの目次 [PC/AT互換機]


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain