Image: MS Expression Webを使ってdigi2に接続する

Microsoft Expression WebをFTPクライアントとして、digi2(デジデジホームページ)のFTPサーバーに接続するため設定を行う。

最近Expression Studio 4を入手したので、Expression Web 4を使ってdigi2に接続するためのパブリッシュの設定をしてみる。

○Microsoft Expression Web 4におけるdigi2へのFTP接続の設定方法。

1. digi2の会員ページから管理ツールを開き、「FTPクライアントの設定例」の内容をメモする。

2. Expression Webを起動してサイトを開く。まだサイトを作成していない場合はサイトを作成する。

3. メニューバーから「サイト」→「パブリッシュの設定」を開く。

4. 詳細タブを開く。「標準のページエンコード」を「日本語(EUC)」に設定する。

digi2の公開資料では文字コードの指定は見当たらないので、何でも良いのかもしれない。ただ、digi2のマニュアルなどのページがEUC-JPになっていたので、これがいいのではと思った次第である。
既にページを作成している場合は、そのページのエンコードに合わせて設定すること。
サイトの設定

5. パブリッシュタブを開き、「追加」ボタンをクリックする。

「名前」は適用に決める。「接続の種類」は「FTP」に。
「場所」は「ftp://」に続いて、先ほどメモした「ホスト名」を入力する。ディレクトリは空欄でよい。
「ユーザー名」は「ホスト名」と同じ。「パスワード」は「デジデジホームページ登録完了のご案内」メールに記載されているパスワード、またはdigi2の管理ページで設定した「FTPパスワード」と同じ。
「パッシブFTPを使用する」はチェックを入れても入れなくてもよい。FTPサーバーに接続できないときはここの設定を変えてみる。
接続の設定

○デジデジホームページの規約や仕様についてまとめてみる。

  • アカウントの作成・開設・使用のための料金
    - 無料。
  • アカウントの削除
    - 管理ツールの「アカウントの削除」より、アカウントの削除を申請する。ユーザーから直接削除することはできない
  • 作成できるサイトの数
    - 1ユーザーアカウントあたり最大5つだが、複数のユーザーIDの取得が認められているため実質上限はない。(ただし、ユーザーIDごとに別々のメールアドレスを用意する必要がある。)
  • 容量制限
    - 1サイトあたり最大2GB。1ファイルあたり最大3MB。ファイルやフォルダ数の制限はない。
  • 商用利用
    - 商用利用はOK。ただしアフィリエイトをメインにしたサイトは規約違反になる。
  • サイト・ページの管理方法
    - 管理ページのファイルマネージャーまたはFTPクライアントソフトを使う。国外からはFTPアクセスはできない。
  • プログラムの設置
    - CGIやSSIなどサーバープログラムは不可。FlashやJavaScriptはOKだが、Javaアプレットは不可。
  • トップページ
    - トップページのファイル名は「index.html」か「index.html」。
  • .htaccess
    - .htaccessファイルを設置可能。.htaccessは主にアクセス制限の指定を記述するファイルだが、PC用・携帯電話用・スマホ用で表示するページを分けたり、404ページをオリジナルのものに差し替えたりできる。
  • アクセスについて
    - ページのアクセス数には制限はない。他のサーバーから画像のリンクを貼っても表示することはできない。ただしアフィリエイトバナーのため「banner.gif」というファイル名のみ外部アクセスが許可されている。
  • 禁止されるコンテンツ
    - アダルト・出会い系コンテンツ。日本語以外の言語がメインのコンテンツ。アフィリエイトなど広告を主体としたコンテンツ。法律に違反するコンテンツ。Webサイトの公開ではなく、リンクを張らずに単なるファイルの保管を目的としたコンテンツ。
  • サポート体制
    - メール・電話での直接サポートはない。技術サポートはお助けQ&A、障害の報告は障害報告フォームを使う。

comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.