Image: Windows 8のデフラグツールを使って手動でTrimを実行 [Win8]

Windows 8のデフラグツールを使って手動でTrimを実行する。

Windows 7, 8ではTrimをサポートしたディスクドライブが検出された場合、操作時に自動でTrimが実行されます。(SATAコントローラーがAHCIモードの場合のみ。)

DOS/V Power Report誌によれば、パーティション作成、フォーマット、クイックフォーマット、パーティション解放、ごみ箱を空にした時にTrimが送信されるよう です。マイクロソフト公式では詳細な条件は公表されていません。こちらの資料を読む限り、ファイルの移動や圧縮でもTrimが送られるようですが、やはり詳細は不明です。
[参考文献]

これにより、普通はTrimについて意識する必要はありません。しかし、いわゆるパワーユーザーは少しでも自分でPCをメンテナンスして完璧な環境を作り上げたいと考えるのか、手動でTrimを実行しないと気が済まないという人がいます。Intel製SSDならIntel SSD ToolBoxのIntel SSD Optimizerを使ってTrimを手動で実行できるのですが、メーカーによってはそのようなツールを用意していない場合があります。Windows 8ではWindows標準のデフラグツールでTrimに対応しており、これを使うことで手動でTrimを実行することができます。

Windows 8 ドライブの最適化(デフラグ)

コマンドプロンプトで実行するDEFRAGコマンドでは明確にTrimを指定して実行できるようになりました。RAIDボリュームでも表示上は問題なく実行できているようですが、本当にTrimが実行されたのかどうかは不明です。

Microsoft Windows [Version 6.2.9200]
(c) 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Windows\system32>defrag /?
Microsoft ドライブ最適化ツール
Copyright (c) 2012 Microsoft Corp.

説明:
        システムのパフォーマンスを向上させるため、ローカル ボリューム上の
        ファイルを最適化します。

構文:
        defrag <ボリューム> | /C | /E <ボリューム> [<タスク>] [/H] [/M | [/U] [/
V]]

        ここで、<タスク> は省略 (従来の最適化) または次のようにします:
                /A | [/D] [/K] [/L] | /O | /X

        ボリューム上で既に進行中の操作を追跡するには:
        defrag <ボリューム> /T

パラメーター:
        値      説明
        /A      指定したボリュームの分析を実行します。
        /C      この操作をすべてのボリュームに実行します。
        /D      従来の最適化を実行します (これが既定値です)。
        /E      指定したボリュームを除くすべてのボリュームに、この操作を実行
                します。
        /H      この操作を "通常" の優先度で実行します (既定では "低")。
        /K      指定したボリュームに対してスラブ統合を実行します。
        /L      指定したボリュームに対してトリムを再実行します。
        /M      この操作をバックグラウンドで各ボリュームに対して同時に実行
                します。
        /O      各メディア タイプに適した最適化を実行します。
        /T      指定したボリュームで既に進行中の操作を追跡します。
        /U      操作の進行状況を画面に表示します。
        /V      断片化の統計情報を含む詳細を出力します。
        /X      指定したボリュームの空き領域の統合を実行します。

例:
        defrag C: /U /V
        defrag C: D: /M
        defrag C:\mountpoint /A /U
        defrag /C /H /V

C:\Windows\system32>defrag c: /l
Microsoft ドライブ最適化ツール
Copyright (c) 2012 Microsoft Corp.

SSDWin8 (C:) の トリムの再実行 を起動しています...

操作は正常に終了しました。

Post Defragmentation Report:
        ボリューム情報:
                ボリューム サイズ                 = 446.61 GB
                空き領域                  = 316.83 GB
        トリムの再実行:
                トリムされた全領域   = 315.82 GB

C:\Windows\system32>

○今まで書いてきたSSD関連記事


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain