Image: 20130818 今度はみんくじ『変猫』を引く

先日、またくじを引いてきました。今度は、みんなのくじ『変態王子と笑わない猫』(原作はMF文庫J)。くじ1回600円でフィギュアが当たるまで計11回。5回程度で済ますはずだったのに・・・。自分のくじ運のなさを改めて痛感。

戦利品は記事見出し写真を参照。

  • A賞 筒隠月子フィギュア
  • C賞 デスクマット
  • D賞 フェイスタオル (2種から選択)
  • E賞 タンブラー (3種から選択)
  • F賞 マウスパッド x2 (3種から選択)
  • G賞 デフォルメフィギュア x5 (5種からランダム)

さすがに男気買いにもほどがあるだろう。と、ちょっと反省。

本命は小豆梓のフィギュア(B賞)だったのだけれど、月子のフィギュアもこれはこれでしとやかな感じでgood。

『変態王子』といい『おにあい』といい、タイトルとあらすじだけ見て気になったので購入し、そのまま新刊が出たら買っていただけなので、アニメ化決定を聞いたときは「え~?何でこれをアニメ化に踏み切ったし。」と思っていたが、こうしてグッズがいろいろ出るなら結果オーライ。

変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)
さがら 総
メディアファクトリー
お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ (MF文庫J)
鈴木 大輔
メディアファクトリー

ただし『おにあい』についてはフォローのしようがない。登場人物の魅力が引き立っていないし、内容がまるでないし、ぶっちゃけイラスト・キャラクターデザインも好きになれない。でも最新刊が出たら買うんだろうな―。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2016 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain