Image: 20130901 左足が痛い / FKB8540簡易レビュー

ここ最近運動不足だなぁと思って久々にランニングをしたら、左足のアキレス腱を痛めてしまいました。しかも足を引きずらないと満足に歩けないという、軽く重傷な状態(?)になっています。土日はいつも仕事に出ているのでブログを書きませんが、今日は休みを取ったのでこうして書いています。(もちろん病院には行きました。)

日課で運動を始めるときは、運動量は計画的に少しずつ増やし、運動前後にはかならず準備体操をしっかりしましょう。(当たり前
いきなりランニングではなく、ウォーキングから始めるべきだったかもしれません。


記事をこれでしめるのも、いつもブログを読んで下さる方に申し訳ない気がするので、2ヶ月くらい前に買った富士通のキーボード(FKB8540)について簡単に紹介したいと思います。

○ 富士通 Libertouch FKB8540シリーズキーボード
Image: FKB8540-051/W

Libertouch FKB8540は2007年に富士通コンポーネントから発売された市販のキーボードです。
キースイッチはよくある標準的なキーボードと同じメンブレンタイプですが、販売価格が1万円を超えてくるので価格的には高級キーボードに分類されます。

化粧箱の背面。
Image: FKB8540 Box bottom

キーボード本体は結構重く1.0kg以上はあります。裏面には誇らしげに日本製を示すMADE IN JAPANの文字が。製造時期は2010年(?)。ボディの刻印ではそうなっていますが、確証はありません。
→ 2013年4月から7月までに製造された個体で、不特定のキーが押された状態で戻ってこなくなるという不具合があり、無償修理のサービスが行われています。詳細は下記参照。
FKB8540シリーズキーボード(リベルタッチ)に関するお詫びとお願い - 富士通コンポーネント [2013/08]

押し心地は第一印象としてはごく普通のメンブレンキーボード。と思っていましたが、少し打ち続けているうちに安物キーボードにはない安定感を感じました。キートップのぐらつきもありません。タイプ音はかなり静かです。理想的なメンブレンキーボードとはこういうものなのか、と思いました。(あくまでキータッチはメンブレンキーボードです。キータッチに個性を求めるのであればメカニカルスイッチのキーボードを選ぶべきです。)
まだ使い始めだからか、タイプ時のストロークにざらざらとこすれる感覚がありました。
ちなみに2キーロールオーバーです。Nキーロールオーバーではないのでゲーム用途には向きません。

私は普段メインで使っているキーボード(Majestouch NINJA Cherry赤軸)に慣れているせいか、このキーボードのタッチはあまり好きになれません。やはり自分になじんだキーボードが一番です。

Libertouch Black USBキーボード 日本語108キー ブラック FKB8540-052/B
クリエイター情報なし
富士通コンポーネント
Libertouch White USBキーボード 日本語108キー ホワイト FKB8540-051/W
クリエイター情報なし
富士通コンポーネント
FILCO Majestouch2 108赤軸 メカニカルキーボード ブラック FKBN108MRL/JB2
クリエイター情報なし
FILCO

8/30 ?
8/31 ?
9/1 B4 U9 RR


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain