Sony Media Goを使って音楽CDの楽曲をFLAC形式(フリーの可逆圧縮コーデック)に変換して取り込む。

ソニーが『x-アプリ』とは別に『Media Go』なる楽曲管理・転送ソフトを出していたことを、情弱な私はつい最近になって知った。このソフトではCD取り込み時にファイル形式としてAACとMP3の他にFLACを選択できる。しかも、楽曲情報の取得にはx-アプリと同じGracenoteのデータベースを使える。EACなどの個人・有志が開発したフリーソフトでは楽曲情報データベースにfreedbが使われることが多いが、freedbはCDの情報数が少なく、アルバム情報があたらない場合が多い。Gracenoteではゲームソフト特典のサントラCDやマルチセッションCDのオーディオ部分など、かなりマイナーなところから拾ったものでも高確率でアルバム情報がヒットする。x-アプリと同様にジャケット画像もインターネットから取得できるものは自動で取得される。音楽CDをFLAC形式に手間いらずで変換できるというのだから、使わない手はない。ウォークマンユーザーならなおさらだ。

○ 音楽CDをFLAC形式で取り込む

まず、Media Goを起動したら「ツール」→「ユーザー設定」→「CDインポート」を開く。もしくは、DVDドライブに音楽CDをセットしてMedia Goの画面で「オーディオCD」→「ユーザー設定」を開く。
Image: Media Go

「トラックのインポートに使用するフォーマット」を「FLAC」に設定してOKで設定画面を閉じる。
Image: CDインポート - Media Go ユーザー設定

あとは取り込む楽曲トラックにチェックが入っていることを確認して「CDのインポート」をクリックするだけ。

FLAC形式に対応するウォークマンへはFLAC形式のまま転送されるが、FLAC形式に対応していないウォークマンへはMP3形式(256kbps)に自動で変換・転送される。変換形式の設定は次のようにして変更できる。

○ 機器に転送する時の変換形式を設定する

一度、設定対象の機器を接続してから、「ツール」→「ユーザー設定」→「機器」を開く。「ファイルフォーマット」を選択。
「オーディオ」の「フォーマット」「品質」を好みの設定に変える。

[EOF]


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain