NTT西日本フレッツ光プレミアム回線にてCTU(加入者網終端装置)をインターネットに接続するまでの設定手順。

○ 接続図 : IP電話付き光インターネット回線の標準構成
Image: 接続図(IP電話付光インターネット回線の標準構成)
○ 接続図 : フレッツ光プレミアム(ひかり電話) + 無線LANルーター
Image: 接続図(ひかり電話+無線LANルーター)
○ 接続図 : フレッツ光プレミアム(ひかり電話) + OCNドットフォン + 無線LANルーター
Image: 接続図(ひかり電話+OCNドットフォン+無線LANルーターの場合)
(橙:光ケーブルまたはモジュラーケーブル、紫:モジュラーケーブル、青:LANケーブル、青破線:無線電波、IPアドレスは一例)
※パソコンはCTUに繋いでも無線LANルーターに繋いでも同じネットワークに含まれるのでどちらでも良い。VoIPアダプタもどちらに繋いでも問題ないが、CTUに繋いだ方がわかりやすいだろう。

1. 各種機器を接続する。

上図を参考に回線終端装置、CTU(加入者網終端装置)、VoIPアダプタ、電話機、パソコンを接続する。無線LANルーターを接続する場合はブリッジモード(ルーター機能オフ)に設定しておく。無線LANルーターの接続は後回しでも良い。回線終端装置、CTU、VoIPアダプタ、電話機、無線LANルーター、パソコンの順に電源を入れる。

2. CTUの設定画面にアクセスする。

CTUに接続しているパソコンからブラウザを開いて、CTUの設定ページ(下記アドレス)にアクセスする。なお、この時点ではまだインターネットには繋がっていない。

https://ctu.fletsnet.com/ (注:フレッツ網に接続するCTUのLAN内からのみアクセスできるページなので携帯電話など外部からはアクセスできません)

Image: CTU設定

お客様IDとアクセスパスワードはNTTから送られてくる書類「フレッツサービスお申し込み内容のご案内」に記載されている。
Image: フレッツサービスお申し込み内容のご案内

3. 接続先の設定をする。

左のメニューから「詳細設定」を開き、「接続先詳細設定」のリストの「編集」ボタンをクリックする。
Image: 接続先詳細設定 - CTU設定

「接続先1」の入力欄に次のように情報を入力する。

項目 設定する値
接続先名 [プロバイダーの名前(わかりやすければ何でも良い)]
接続ユーザー名 [プロバイダーより支給される認証ID]
接続パスワード [プロバイダーより支給される認証パスワード]
プライマリDNS auto
セカンダリDNS auto
自動再接続 する
認証方法 自動判別
MTU自動調整 する
優先順位 1

接続ユーザー名と接続パスワードはインターネットサービスプロバイダー(ISP)から送られてくる書類に記載されている。例えばOCNの場合は「OCN会員登録証」に記載されている「認証ID(ユーザー名)[接続ID]」「認証パスワード[接続パスワード]」を入力する。
Image: OCN会員登録証

入力を終えたらページの下の方にある「OK」ボタンをクリック。

4. CTUの設定を保存する。

左のメニューから「設定反映」をクリックし、「OK」ボタンをクリックする。
設定が反映されたら、インターネットに接続できることを確認する。
Image: 変更内容確認 - CTU設定

設定適用後、正常な状態であればCTU設定画面のトップページはこんな感じになる。
Image: TOP - CTU設定

次に、必要に応じてひかり電話やOCNドットフォンのVoIPアダプタの設定を行う。ここでは省略。

○ 宅内に設置する装置の外観 (一例)

写真右から、VDSL装置[VH-100E]、CTU[「100M」「H」]、VoIPアダプタ(OCNドットフォン)[VE-TA10]、VoIPアダプタ(NTTひかり電話)[AD-100KI]、Buffalo無線LANルーター[WZR-HP-AG300H]。
Image: 宅内に設置する装置の外観

○ 関連ページ

9/12 B230 U8 RR


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2018 akm. The blog theme is using sakmug. Hosted by Xdomain