昨日は一日中睡魔に襲われていた(けど、日中は何とか起きていた)。おかげで夜8時には眠ってしまい、起きたらこんな時間だ。この頃は連日睡眠時間が少なかったことが祟ったのだろうか。せっかくなので記事を一本書いておく。

ふと、Win98機でubuntuが使えるのだろうかと思った。ubuntu 12.04.3をダウンロードしてCDに焼こうと思ったが、700MBのCD-Rにわずかに収まりきらない。そういえばubuntu 12.10以降はLive CDに対応していないという噂を聞いたことがある。USBブートができないマシンなので、Live CDを作れないと困る。

代わりに既に入手していたlubuntu 13.04 (x86)をCD-Rに焼いた。Win98機でCDを読み込むとブートメニューまでは正しく表示された。Live CD起動を試みると、デスクトップマネージャーが起動するところで画面表示がフリーズした。何がいけないのだろう。

→wikiにはlubuntuの最小必要動作環境はPentium II以降のCPUと128MB以上のRAMと記載されている。Win98機のCPUはDuron 700MHz、メモリは512MB積んでいるので全く問題ないはず。グラフィックボードがMatrox G400なのがいけないのか。とは言っても代替のグラフィックボード(AGPまたはPCI)を持っていないので、確かめようがない。そうして以て、ubuntuを動かすことをあきらめた。

9/30 B4 UX Rx


旧ブログでのコメント

AUTHOR: ふうせん Fu-sen.
URL: http://lubuntu-japan.jimdo.com/
DATE: 2013/10/17 10:10:43
12.10 以降は Win98 機種では(おそらく)動きません。
たまたま Lubuntu で検索して
ブログを確認させていただきました。

Lubuntu 12.10(Ubuntu は 12.04)からは
CPU の動作基準が「PAE 対応」になりました。
PAE に対応するパソコンはおおよそ
Windows XP SP1~2 がプリインストールされた
パソコンから対応になります。

Windows 98 時代のパソコンでは
Lubuntu 12.04 で動作するかもしれませんが、
動作は厳しいと思われます。
Puppy Linux (こちらも一部 PAE 版あり)
Tiny Core Linux 等をご検討下さい。

AUTHOR: akm
URL:
DATE: 2013/10/23 21:09:51
Re: 12.10 以降は Win98 機種では(おそらく)動きません。
コメントありがとうございます。
私のPCはAMD Duronですが、WCPUIDのFeature Flagを見た限りではPAEに対応しているみたいです。
グラフィック回りが関与している可能性が高いですが。何にせよubuntuはそれなりのスペックを要求するようですね。
Puppy LinuxやTiny Core Linuxは知りませんでした。機会があれば試したいと思います。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2016 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain