Image: GPUレンダリングを無効にしてIE10のクラッシュを防止

Internet Explorer 9/10のGPUレンダリングを無効にする。

最近、IE10が頻繁にクラッシュする。Amazonなどのサイトでページを読み込むときにクラッシュするのだが、特定のページで必ず起きるわけではないので余計にたちが悪い。

動作停止のメッセージから問題の詳細を開いてみると、「障害モジュールの名前」に「atidxx32.dll」とある。マシンのグラボがRadeon HD 7850なので、グラボのデバイスドライバーが問題に絡んでいることは明らかだ。

以前、ゲーミングノートPC(MSI GX60だったか)を触っていたときのこと。IEでWebページを開いても真っ白の画面しか表示されないことがあって、その時にGPUレンダリングを無効にしたら解決した。今回もその辺りが絡んでいるのかと思い、設定を変えてみる。

IEを起動して、右上の歯車のアイコンから「インターネットオプション」を選択。「詳細設定」タブから「アクセラレータによるグラフィック - GPUレンダリングではなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」にチェックを入れる。IEを終了したらコンピューターを再起動する。
Image: Internet Properties - Internet Explorer 10

この設定を変えてからは動作は安定し、クラッシュすることはなくなった。

ちなみに現在私がメインで使っているブラウザはFirefox 24.0だけど、最近はSleipnir 4(Chromeと同じBlinkエンジン)に移りつつある。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain