Image: 20131009 同人STG『飛翔鮎』(2003年)をプレイ

2003年に天空時計よりリリースされた同人STG『飛翔鮎』をプレイする。2003年って、もう10年も前なのか。。。

Image: CD cover-art(insert) back - Hisyoayu

○ このゲームの特徴

  • 80年代後期のような切り返しシューティング。
  • 自機を画面上部に出すほど火力が増す。
  • ボムシステムがない代わりにハイパーというシステムがある。
  • ハイパーモード時は強力なショットを打てる。
  • ハイパー発動時に一瞬だけ自機周囲の弾を打ち消し、敵にダメージを与えることができる。攻略でもスコアアタックでも重要な要素。
  • 敵弾は基本的に自機狙いの奇数弾か偶数弾ばかり。ただし弾速が速く、出現パターンを把握していないと避けるのはきつい。
  • 弾に当たると気付いてからハイパーを発動してもたいてい手遅れw

見ての通り、PCゲーム(ビジュアルノベル)『Kanon』の同人作品。と言ってもKanonのヒロインが直接出てくるのは自機だけで、いわゆる二次創作色(ファンゲーム色)は薄い。BGMはKanonの名曲をFM音源(VOPM - YM2151相当)でアレンジしたもので、特にStage 1のBGMが秀逸。PSGの和音を背景にあの特徴的なベース音とキラキラした高音、主旋律もまたいかにもなFM音で、何回聴いても飽きない。

このゲームは数年前からちょこっとやってたんだけど、なかなかクリアできていない。いい加減、そろそろクリアしたいところ。

○ 10月6日

1ボス突入時点で残機のストックがなくなってるw おまえは本当にやる気あんのか
Image: Stage 1 - Hisyoayu

Game Over。今日はこれで締め、、るわけにはいかない。
Image: Stage 2 - Hisyoayu

前回がひどかったので、それなりに練習してから再度通しプレイに挑戦。

2面のハイパーモード稼ぎ場。この画像を見て、自機弾がたい焼きになっていることに今気付くw
Image: Stage 2 - Hisyoayu

3面後半の噴水のところでミス多発。ハイパーモードじゃないと結構きつい。
Image: Stage 3 - Hisyoayu

こりゃだめだ。追い込まれる前に避けるべきとわかっていたのに、こうなってしまった。
Image: Stage 3 - Hisyoayu

○ 10月8日

昨日と同じ場面。ここまでノーミス。
Image: Stage 3 - Hisyoayu

5面まで何とかこれたが。
Image: Stage 5 - Hisyoayu

ここまでだった。カエルは後回しで、箱を優先的につぶしておかないと避けるのがきつい。
Image: Stage 5 - Hisyoayu

○ 10月9日

この2体セットの敵は片方を集中的に攻撃して速攻でつぶす。
Image: Stage 4 - Hisyoayu

5面。この敵の攻撃パターンが厄介。偶数弾だけど微妙にずれてくるから、こちらから打ち込めなくなる。
Image: Stage 5 - Hisyoayu

通しプレイはあきらめて、5面のプラクティスに挑戦。

敵に接近して攻撃しつつ、後退して斜め方向からの弾を避ける。下の画像では入り込むタイミングが既に遅れている。
Image: Stage 5 - Hisyoayu

5ボス。弾幕全体を見ながら空く場所を探すしかない。
Image: Stage 5 - Hisyoayu

こちらは東方シリーズの弾幕になれていればなんてことない。
Image: Stage 5 - Hisyoayu

さして上手くないプレイのSSばかりで本当に申し訳ないです。リソース(ストレージやトラフィック)の無駄遣いだと言われそう。

今週末までには通しプレイでクリアしたい。

10/9 B3 U9 R2.7


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain