Image: 131104 VN いろとりどりのセカイ / RPG ネプテューヌRe;Birth1 をプレイ

○ いろとりどりのセカイ

感想は深く掘り下げないが、PCゲームで久々にストーリーに感動したと思う。なかなか面白い(興味深い)設定とストーリー展開だった。いろとりどりのヒカリはまだプレイしていないけど、萌えゲーアワード2012の純愛系部門金賞受賞作品らしいので、楽しませてくれることを期待。

ところで、最近のゲームは巨乳かロリかのどちらかに偏っていることが多い中、ヒロインのうち2人がひんぬー娘というのは珍しいと思った。Favoriteの作品では珍しくないか。1人だけというのはよくあるんだけどね。

○ ネプテューヌRe;Birth1

ネプテューヌ(無印)のリメイク移植。リメイクと言っても画面やシステムがネプテューヌV相当になり、無印と比べると大きく変わっている。無印をやっていなくてもネプテューヌVをやったことがあれば、説明がなくても違和感なくプレイできる。

ゲームを起動していきなりフリーズ。PS Vitaにはセーフモードというものがあるらしく、そこから再起動をかけた。その後は問題なし。

ストーリー開始早々、女神同士の争いで真っ先に天界(?)を追い出されるネプ子。そこからはいつものゆる~い展開。メタ発言がぽんぽん出てくる。最初のモンスター「スライヌ」の登場シーンでは、なんかドスの利いたよく聞き覚えのある声がw 静止画イラストであれをぷるんと揺らしたり、チラッと白いものが見えたりと、ファンサービスも充実。

システムや操作感はネプテューヌVとほぼ同じで取っつきやすかった。画質もPS3と遜色ない。でも、アシストフィニッシュとかリメイクシステムとか、新たに増えた要素もある。イベントパートでの操作方法について解説書に書かれていないので、ここに挙げておく。

[イベント(ストーリ)パートの操作]

○:次の文章を表示 ×:テキストウィンドウを一時的に消去 START:テキストを自動再生(オート) □:テキストを早送りで再生(スキップ) △:過去に再生した音声・テキストを表示(バックログ)。

いろとりどりのセカイ WORLD'S END COMPLETE
FAVORITE
FAVORITE
超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1 (通常版)
コンパイルハート
コンパイルハート

11/4 B4 UX R3.8


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain