Image: 131119 第2世代Intel Coreシリーズ機のWin8.1アップデート完了

昨日書いたように、第2世代Intel Coreプロセッサー内蔵グラフィック機能(Intel HD Graphics 3000/2000)用のWindows 8.1対応ドライバーは開発・供給する予定がないということで、Win8.1へのアップデートが上手くいくのか心配していたのだが、結果からいえば全く問題なくスムーズに移行できた。
→Coreプロセッサて書いたけどCeleronの間違いだった。まあグラフィック機能や使うドライバーは同じだから、ここでは同じ扱いでいいと思うが。

○ Windows 8.1 アップグレード アシスタントを実行

Intel HD Graphicsは互換性があるという結果になった。他のデバイスもそのまま使えるらしい。
Image: 互換性の詳細 - Windows 8.1 アップグレード アシスタント

○ Windows 8.1にアップデート

Windowsストアを通してWin8.1へのアップデートを実行。MSのサーバーが混雑しているのか、ダウンロードに結構な時間が掛かった。ダウンロード開始から約1時間ほどでアップデート完了。Win8.1はMicrosoftアカウントが必須だと思われているが、従来のようにローカルアカウントのみでの使用も可能。

Win8.1アップデート後の不明なデバイスは1つもなかった。それでも念のため、Win8.1用ドライバが提供されていないIntel HD Graphics以外についてはWin8.1用ドライバーを入れておく。
Image: デバイスマネージャー

Intel HD Graphicsは標準では9.17.10.2932が入っていた。Win8.1用ではなくWin8用ドライバー(9.17.10.3223)をインストールしてみたが、特に問題は起きなかった。

Windows Updateには今月分のセキュリティ更新プログラムが表示されなかったが、Win8.1アップデート時点で既に適用されていると考えていいのだろうか。

120GBのSSDで運用しているが、空き領域は十分残っている。

32ビット版のWindows 8.1 Proを実ハードで使う人なんてそうそういないだろう。
Image: システム - コントロールパネル

Win8+IE10でYoutubeの動画を視聴できない問題については単純にIEの設定ミスだった。その昔、前に使っていたパソコンでSpybotというスパイウェア対策ソフトを入れていたのだが、そこで危険なサイトのブラックリストをIEの制限付きサイトとして設定する機能を使っていた。そうして登録した数千件もの制限付きサイトの中になぜかyoutube.comが含まれていて、Youtubeのサイトについてスクリプトやプラグインの動作が制限されていたことが原因だった。制限付きサイトのリストを削除したら、問題はあっさり解決した。

11/19 B3 U9 R1.0


旧ブログでのコメント

AUTHOR: 四苦八苦
URL:
DATE: 2013/11/20 08:19:40
sandy世代用8.1対応ドライバ
何やら、微妙なタイミングで出ております。
32bit
https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?DwnldID=23376
64bit
https://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?DwnldID=23377

AUTHOR: akm
URL:
DATE: 2013/11/20 20:02:49
Re: sandy世代用8.1対応ドライバ
何と!?昨日確認した時点ではなかったのに。タイミングがいいのか悪いのか。
とにかく、情報ありがとうございます。問題なくインストールできました。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain