Image: 131205 BDR-208XJBK BDドライブ / PX-W3PE 地デジTVチューナー

DVD/BDドライブ『Pioneer BDR-208XJBK/WS』と地デジチューナー『PLEX PX-W3PE』を買ってきた。PC用パーツとしてのBDドライブや地デジチューナーを買うのは初めてなので、新しい領域に踏み込むようでとてもワクワクしている。

○ Pioneer BDR-208XJBK/WS

音楽CDを再生してみたが、静音性が非常に優れている。今まで使っていた『東芝サムスン SH-S243D』とは比較にならないほど静かで、ドライブに耳を近づけてもディスクが回っているかどうかわからない。データ用CD-ROMを40倍速で読み取るとさすがに騒音が聞こえるが、SH-S243Dと比べて振動が小さいと思った。

○ PLEX PX-W3PE

PCI-Express x1接続の地デジTVチューナー。1枚あたり地デジで2番組、BS/CSで2番組まで同時録画可能。付属品がロープロファイルブラケットのみでB-CASカードすら付属しないという、いかにも玄人向けの製品。(B-CASカードはB-CASに再発行申請することで2000円の費用で入手できる。)設定方法はこちらの方のサイトがとても参考になった。

PX-Q3PE、およびPX-W3PEの活用メモ (Spinelなしですぐに使いたい人向け): Vladiのブログ

設定作業はそれほど難しくはないが、あちこちからファイルを拾ってコピーしたりテキスト編集したりと、煩雑で大変だった。とりあえず視聴・録画・エンコードまでできるようになった。

PCにそれほど詳しくない人は書店でPC関係の雑誌コーナーで『TS抜きチューナー関係の書籍を探せばいいと思う。それにしても、本にソフトウェアの入手先として斧ロダのアドレスが書かれていたことが少しシュールだったw

視聴(TVTest)

思っていたよりも負荷はそれほど掛からない。ただ録画・視聴するだけならCore i3程度のスペックでも十分余裕があるだろう。もちろん動画エンコードする場合は別の話になる。

番組表(TVRock)

再生(TVTest+TvtPlay+TVCaptionMod2)

エンコード操作の自動化には自分のバッチファイルの知識が役に立った。参考サイトではHandBrakeCLIを使って1920x1080iのMP4(H264)に変換しているが、私は720pに変換している。ついでにファイルのドラッグアンドドロップに対応させた。ただ、ドラッグアンドドロップではファイルパスに全角スペースが入っていても引数に引用符が付かないのに、コマンド上ではスペース扱いで別の引数になるから、そこが問題になる。というか、そもそもそれはWindowsの仕様として問題あると思うのだが、バグなのか?

パイオニア S-ATA接続 BDXL対応 ブラック ソフト付き バルク BDR-208XJBK/WS
パイオニア(Pioneer)
パイオニア(Pioneer)
PLEX PCI Express接続 地上デジタル・BS・CS対応TVチューナー PX-W3PE REV1.3
PLEX
PLEX

12/5 B3 UX RR


旧ブログでのコメント

AUTHOR: 四苦八苦
URL:
DATE: 2013/12/24 09:54:58
サイト移転おめでとうございます?
サクッと導入されたようですね。
流石です。
当方もPX-S3UとPT3をTVTest+TvRock環境で使っていますが、TvRock番組表2.0が非常に良く、気に入っています。
通常の番組表表示だけでなく、番組リストで全ての番組を纏めて時間順で表示出来たり、色々機能があって便利ですよね。
ただ一つの不満は番組情報取得に時間がかなり掛かることことです。
こちらは基本、見たら消す派です、たまにエンコしますが、手間がかかると嫌なので、インテルQSV・・。

AUTHOR: akm
URL:
DATE: 2013/12/24 18:57:47
コメントありがとうございます
TVRock、特に番組表は非常に良くできたシステムですよね。
私はシリーズものの番組で後から複数話まとめて見ることがあるので、とりあえず全話エンコードして保管し、全て見終わった時点で不要なものは削除します。さすがにDVD/BDに焼いて永久保存というようなことは今までもしたことがありません。
エンコード作業はバッチファイルで自動化しました。CMカット・チャプター編集なんて器用なことはしませんけど、字幕データを埋め込むことはできたので、それで自己満足しています。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2016 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain