Image: 171108 ACT『ガンガンピクシーズ』 クリア感想

期待のゲームとか言ってたくせに散々後回しにしてきて、先月ようやく入手、ここ数日で一気に進めてクリアしましたけど。。。ヤバいですねこのゲーム。ストレスがたまりにたまる。このゲーム1番の敵は落下死、2番の敵はイカであることは共通認識かと思います。

感想 (No.39)

コングラチュレーション(初めてエンディングを見た) トロフィー取得(レア 23.8%) プレイ時間15時間。2周クリアしています。

良い点

ストーリー・シナリオは上々、グラフィックも悪くないです。2D絵より3Dモデルの方が私は好きですね。人や物にハッピー弾を撃ち込んで心理的に影響を与えたり行動させたりというのは、アイデアもゲームとしても面白かったです。

ただ、それ以上に悪い印象が残りました。

ストレス要因1 : 墜落死

まず、高い場所に上がったり逆に降りたりするときに墜落死しないよう注意を払うのですが、PS Vitaの小さなスティックでは操作ミスしやすく、落ちたら即死でその部屋に入るところからミッションやり直しなので、ストレスがよくたまります。特にベッドの階段や観葉植物の葉を上がるのに慣れない内は苦労しました。また、モンスターは移動や攻撃時の衝動で高台から落ちることがあっても平気なのに、プレイヤーはそれに飛び込んで追いかけることができないという理不尽さ。

ストレス要因2 : 宿敵イカ

次に、モンスターを倒すというミッションが何度もあること。「女の子に弾を打ち込んで何とかさせる(意味深)」ことに期待していたし、モンスターはあくまで妨害的な要素だと思っていたのに、なぜモンスターを相手にしなければいけないのか。7章の手抜き感はヤバい。。そして、白・黄イカは攻撃を与えると一定時間無敵の守りに入るという、タイムアタッカーにとってこの上ないストレス要素。

Image: ガンガンピクシーズ

ストレス要因3 : 不親切なガイド

部屋でやることがなくなってゲームが進行しないと思ったら「次の部屋に移動しよう」となっていることが何回かありました。ポーズ画面で現在の行動目標を確認することが重要です。あと、探索ミッションのポイントが見つけにくいこと。特に8章の探索ミッションは台詞で「こっちの方にも」とか「近づいているぞ」と言っておきながら、実際には全然違う場所だったりします。2周目で分かったことですが、このミッションのポイントは場所が決まっていて探索すべき順番がランダムのようです。台詞はポイントの場所とは何も関係していません。

Image: ガンガンピクシーズ

あと周回プレイで思ったのは、会話スキップがあまり早くないのでシーンスキップが欲しいなぁとか、選択ミッションにフルミッションでの会話シーンは不要だとか。

期待にはまあ応えてくれたんだけども、その他の部分で残念なところがあるから、総合的に見れば評価が芳しくないのが惜しく思います。(2017/11/08完了)


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain