現時点で自分に不都合がない以上、もはやこのツールに手を加えるつもりはないので、アーカイブ扱いでもいいのだが。一応まだ現役で使用しているので、ちょこっと変えることもある。

CPUをアップグレードするときのエンコードに関するベンチマークの参考にしたいと思い、ログ書き込み毎にその時点の時刻を書き込むようにした。

現行のHandBrake 0.10.5ではFDK AACエンコーダ(電池のメーカーとは関係ない)がライセンス方針の不一致で削除されたんだね。標準のlibavcodecは長いデータだと高音がぼやる場合があることに最近気付いたから、使いたくないんだよなあ。今はまだ0.10.3を使っている。

変更点

hb_h264.bat hb_h264qsv.bat

  • v2.48 -> 2.49:ログにイベント発生毎に時刻を書き込むようにした.

ファイル

使用方法・改版履歴

H.264自動エンコード・字幕埋め込み実行バッチ』および過去の記事を参照。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.