日本におけるインターネット資源管理の歴史~ドメイン名とIPアドレスを中心とした日本のインターネットの歩み~公開のお知らせ - JPNIC

普段意識することがないドメイン名・IPアドレス管理団体(JPNIC/JPRS)の存在。その前身は学術組織内ネットワークJUNETを管理していたボランティア団体だとか、上位組織にICANN/APNICがあるということは知っていた。しかし、そこでは組織体勢の整備やポリシーの策定など、いかに多くの議論が成されてきたか。インターネット資源の健全な管理が多くの関係者による尽力の上で成り立っているものであることを知ることができた。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain