DOS J5.0/Vのライセンス情報を開くと、プログラムの稼働環境として5574-***表示装置というような型番が並んでいるわけですが、違いがよくわかりません。ちょっと気になりませんか。

ということで、PS/55用純正ディスプレイの種類をまとめてみました。

型番 発表時期 主な対応機種 対応DA 特徴
8503-001 1987年4月 PS/2(VGA) VGA専用 640x480ドットNI、12インチモノクロ
8513-001 1987年4月 PS/2(VGA) VGA専用 640x480ドットNI、12インチカラー
5574-C02 1987年5月 PS/55 初代DA 1024x768ドットI、16インチカラー
5574-C06 1988年4月 PS/55 DA-II以降 1024x768ドットI、14インチカラー
5574-M06 1988年4月 PS/55 DA-II以降 1024x768ドットI、15インチ64階調グリーンイエロー
5574-W06 1988年4月 PS/55 DA-II以降 1024x768ドットI、14インチ64階調モノクロホワイト
5574-C07 1988年9月 PS/55 DA-II以降 1024x768ドットI、16インチカラー
5574-C09 1988年9月 PS/55 DA-II以降 1024x768ドットI、20インチカラー、耐環境モデル
5574-C05 1990年5月 PS/55 DA-V以降 1024x768ドットI、14インチカラー、C06の廉価モデル
8515-A01 1990年5月 PS/2(8514/A) DA-V以降 1024x768ドットI、14インチカラー
2414-A07 1993年2月 PS/V(SVGA) XGA-2 1024x768ドットNI、17インチカラー
5574-S15 1994年5月 PS/V(SVGA) XGA-2, DA-J/NI 1024x768ドットNI、15インチカラー、スピーカー内蔵
5574-N17 1994年5月 PS/V(SVGA) XGA-2, DA-J/NI 1024x768ドットNI、17インチカラー
5574-S17 1994年5月 PS/V(SVGA) XGA-2, DA-J/NI 1024x768ドットNI、17インチカラー、スピーカー内蔵

5574-C02はモデル5570-S用として最初に発表されたPS/55用CRTで、システム装置本体から電源を取ることができたらしいのですが、少なくともモデル5550-S/T Stage-IIにはそのようなコネクターは見当たりません。

5574-C06はPS/55前期モデルの標準型。このモデルは本体の電源と連動して電源が入る機構が備わっています。これは映像信号を検出する方式ではなく独自の信号ピンを用いるため、一般的なPC/AT互換機に繋いでも電源が入りません。VGAの7番ピンを+12Vに上げるか、CRT側の電源回路を改造する必要があるようです。

8515-A01はPS/55後期モデルの標準型。このモデルはDisplay Adapter II/III/IVを搭載するシステムには適合しません。信号のタイミングが微妙に違うっぽいのですが、よくわかりません。

2414-A07以降はおそらくマルチシンク対応で、ノンインターレース信号のみサポートしています。そのため、PS/55前期モデルおよび一部の後期モデルには適合しません。

PS/55に公式で対応しているのは5574-S15/N17/S17が最後です。2001年末でサポートが終了しています。

私は5550-T(Display Adapter-II)にEIZO Flexscan T566を繋いでいますが、位置やサイズを調整すれば普通に使用できています。インターレース信号なので液晶ディスプレイはことごとくNGでした。もちろんDOS/Vモードでは映るんですけどね。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain