Image: 150927 SLG キミキス(PS2) [4]祇条深月ルート

2006年にエンターブレインから発売されたPS2用恋愛SLG『キミキス』(エビコレプラス版)をプレイ。祇条深月 ルート

前回、このゲームは二股を掛けても問題ないと書いたのですが、2人以上がLv.2ほどに差し掛かるとどちらかの会話アタックが終了した後、もう片方に逢い引きの現場を目撃され牽制を掛けてきます。一定以上に仲を深めていくにはやはり一人に絞らないといけないようです。

祇条深月 Lルート

祇条深月は恋愛ゾーンがスキ寄り(以下、Lルート)かナカヨシ寄り(以下、Fルート)かで、ストーリー展開がだいぶ違う。その分、2つの違ったシチュエーションを楽しめると言うことで良いことだと思う。

Lルートでは、許嫁が居る身で許されることではないと自覚しつつ主人公に好意を寄せていく(寄せられる?)。なかなか一線を越えられず、それがしおらしくも切なく、またもどかしい気持ちになってくる。

Image: キミキス 祇条深月

Image: キミキス 祇条深月

祇条深月 Fルート

Fルートでは主人公が許嫁であることが発覚し、深月から「ご主人様」と慕われるようになる。深月からのアタックが積極的になり、なぜかLルートよりもラブラブな雰囲気に。Fルートは王道的な展開に対して、こちらはアナザールートと言ったところ。

Image: キミキス 祇条深月

Image: キミキス 祇条深月

Image: キミキス 祇条深月

Lルートでは恋が実るまでの過程、Fルートでは恋人(?)主従関係(?)のいちゃいちゃを楽しむことができた。

摩央姉よりも祇条さんの方がストーリーに起伏があって読み物としては充足感があった。ただ、摩央姉の方はまだ埋まっていないCGが結構あるので、見ていないだけでそっちにも面白いシーン・展開があるのかも知れない。しかし今は摩央姉のCGを埋めるよりも瑛理子様を早く攻略したくてうずうずしている。次回は瑛理子様Lルート。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2016 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain