Image: 140930 SRPG ルミナスアーク2 [9]2周クリア 終

NDS用 SRPG ルミナスアーク2 ウィル 29章からクリアと感想。

ここ数日はゲームに入り浸っていました。家にいる間は食事の合間にも数十秒のトイレタイムにもゲーム機を持ち込んでゲームしていました。

エリシア戦

クエスト「火山に住まうモノ」を何度も挑戦してマナ・マテリアルをストックしてエリシア戦に挑みました。まあ、これは救済策なんでしょうね。

Image: ルミナスアーク2 ロラン ステータス

でも正攻法ではとても勝てない。スキルを2発喰らえばひん死、FDを喰らったらワンパン必至。相手には魔法攻撃はほぼ通用しないし、物理スキル攻撃でもせいぜい500ダメージ、FD使えばクリティカルヒットでやっと1000ダメージくらい。さらには毎ターン300くらい自然回復するので、倒すまでにこちらのMPが切れてどうにもならなくなるのが目に見える。遠距離攻撃ができるリーナが有利のように思えますが、ループショットでもせいぜい300ダメージくらいなので、MPや魔防を考えるとなかなか厳しいです。

エンディング

ネットとはいえこういう公の場でエンディングに触れるのはタブーなんでしょうが。。。シリーズのテーマである『魔女』とつながる、今作のテーマがここに詰まっています。

Image: ルミナスアーク2 ED

ラストブレイク

27章終了後、FP(フィリアポイント=親密度)が一定以上あればキャラとの特別なイベントシーン(アフターブレイク)を最大3人まで選んで見られます。

クリア1周目は攻略本を見ずにディア様狙いでやってみましたが、ファティマしか選べませんでした。メインシナリオはアルティルートだったのに。

ディア様のラストブレイクはお叱りを受けたいという奇人変人にはどストライクのシチュエーションでした。イベントCGのローアングルからの美脚の眺めもよかったですね~(ゲス顔)

Image: ルミナスアーク2 ディア

萌えヲタの間ではおそらく1番人気だったであろうカレン。ストーリー後半ではメインヒロインよりも好かれていたんじゃないかというくらいヒロインしていましたねー。いわゆる裏ヒロイン?

Image: ルミナスアーク2 カレン

Image: ルミナスアーク2 カレン
※○イタッチしているシーンではありません。一応念のため。

ちなみに、攻略本には女性キャラクターのバストサイズというのが載っているのですが、カレンはCカップで、これはリーナと同じなんですねー。リーナがCということに驚きですが。

メインシナリオを両方見るため2周クリアしましたが、温泉クエストまではさすがに手が回りません。ガチやり込み勢じゃないとあれは無理だ。

作品をクリアしての感想 (No.19)

クリア時間は約45時間。プレイ期間は6月23日から休止期間を挟んで、実質4週間ほど。難易度は簡単すぎず難しすぎず、手応えがある程度。

前作とのシステムの違いは前の記事を参照。

ストーリーはシナリオが序盤から中盤前あたりまでがあまり面白くなく、ステージをクリアしてもだんだんダレてきます。私はストーリー中盤の城門前のファティマ戦あたりでゲームをやめかけました。前の記事に書いたとおり、前オーナーは7章でゲームを投げたようです。中盤からストーリーが盛り上がってくるのですが、今度はステージが同じ相手・同じ場所になる事が多くてクリアしようという意欲が削がれていきます。ストーリーのテーマは前作よりも深く重いものになっていて、人の倫理に通じるものがあり、なかなか興味深かったです。最近のやり込みRPGに比べるとシナリオは短めですが、まあ、DSのゲームなのでシナリオの長さはこれくらいで丁度いいか少し長めな方でしょう。

ステージの擬似3D(クォータービュー)のドット画グラフィックは本当に良く出来ているんだけど、これが2008年発売のゲームと聞くと「えっ!うーん」と思ってしまう。まあそれだけ、今はゲームソフトをマルチプラットフォームで展開できるくらいに携帯ゲーム機が進化してきたわけですねー、当時はPCや据え置き機との性能差が本当に酷かったんでしょう。

前回はいろいろ文句をたれましたが、クリアしてみると達成感があって、ストーリーの核心を見ることもでき、最後までやって本当によかったと思います。ただ、「今からでもやるべきゲーム」として勧められるものではないですねー。キャラゲーと言っても間違ってはいないけれども、萌えゲーではなく中高生向けの正統な?RPGで、当時だからこそ通用した作品だと思います。今となっては普通のシミュレーションRPGは受けないでしょうね。そう考えるとディスガイアシリーズはよく続くなぁと思います。(2014/09/30完了)

ルミナスアーク2 ウィル(特典無し)
クリエーター情報なし
マーベラスエンターテイメント

comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain