Image: FreeDOS+RufusでUSBメモリにDOS/V日本語表示環境を構築

FreeDOSとRufusでUSBメモリにDOS/V日本語表示環境を構築してみる。

今まで同じようなネタでDOS起動ドライブを作る記事を書いてきましたが、いずれも製品版DOSを必要とする物でした。すでにFreeDOS/Vなるものを公開されている方がいますが、CDインストールが必要なことと、ライセンスが不明瞭なので、自分でファイルセットを作ってみました。

まず、Rufusを使ってUSBメモリにFreeDOSの起動に必要なデータを書き込みます。

Rufus - Create bootable USB drives the easy way
http://rufus.akeo.ie/

Rufusを起動したら、USBメモリデバイスを選択して「ブートディスクを作る」にチェックを入れて「FreeDOS」を選択します。

Image: Rufus

これでUSBメモリにFreeDOSの英語環境が構築されました。ここに日本語フォント・ディスプレイドライバーなどを追加していきます。

日本語表示に必要なソフトウェアをまとめたものを作りましたのでこちらから入手して下さい。

CELLA.DAT
http://island.geocities.jp/cklouch

上のTrashBoxからFreeDOS 1.1 日本語環境最小ファイルセットをダウンロードして適当な場所に展開します。

PASS:fdsv

USBメモリに既に入っているファイルは削除して、先ほど展開したファイルの中のUSBディレクトリ内のファイル群をUSBメモリに配置します。

このセットにはフォントが含まれていません。別途FONTX2用フォントファイルが必要です。32ビット版Windowsでフォントを作成する方法は同梱のtxtを参照して下さい。インターネット上にもいくつかフリーのフォントファイルが上がっています。

フォントファイルを配置すれば完成です。

DOS/V日本語環境だけでなく英語モードで起動することができるので、BIOS・ファームウェアアップデート等にも使えます。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain