ほとんどのVGAグラフィックボードはMDA/CGAとはBIOSレベルで互換性があるが、レジスターレベルでは互換性がない。CGAとの互換性は下記ページのツールでチェックできる。

The Oldskool PC/Oldskool PC Software/The CGA Compatibility Tester
http://www.oldskool.org/pc/cgacomp

試しに手元にあるMatrox G400や9FX Motion331(S3 Trio64V+)でテストしてみたが、「Color Select and Mode Control Register tests」は全てNGだった。

EGAが普及してくるのは1986年頃からで、それまでにCGA/MDA向けとして開発されたDOSプログラムはVGAカードでは正しく動作しない場合がある。

ただし、初期のVGAグラフィックボードはMDA/CGAとレジスターレベルで互換性を保っているらしい。

VOGONS • View topic - CGA Compatibility Tester vs. VGA cards
http://www.vogons.org/viewtopic.php?t=28983
Backwards compability of VGA cards (Archive) - The Vintage Computer Forums
http://www.vintage-computer.com/vcforum/archive/index.php/t-26387.html

上記サイトなどでわかったことを自分なりにまとめておく。

ATI VGA Wonderシリーズ VGAカード

CGAとの互換性は一部難あり。Win3.xのドライバーはネット上に見つかったが、Win2.xやDOSアプリケーション(Lotus1-2-3,AutoCAD)のドライバーは見つからなかった。

OAK Technology製 チップセット

CGAとの互換性は良好?Win2.x/3.xやDOSアプリケーションのドライバーはネット上にある。OTI-067/077チップセットが狙い目?VGAカードの製造品質が気がかり。

Trident TVGA8800CS チップセット

カード上のスイッチでMDA,CGA,EGAを切り替えられるが、VGAエミュレートしていないので出力信号がMDA,CGA,EGAの画面モードで出力される。当時のMultisyncディスプレイがないと画面が映らない、と思う。EGA/VGAの256色表示に重大なバグがある。Win3.x用ドライバーは開発されていない。DOS用ドライバの入手も困難。

Trident TVGA8900D チップセット

画面モード切替ユーティリティ(svm.exe)が存在する。Win386/3.x/DOSアプリケーションのドライバは入手可能。8900B/8900Cチップはバグ付きでドライバサポートも乏しいので地雷。

Orchid Prodesigner VGAカード

メーカー公称ではCGA/MDA/EGAとはレジスターレベルでの互換性があるとしている。画面モード切替ユーティリティが存在するはずだが、現在は入手困難?Win3.xのドライバは入手可能。VGAカードのカード長がフルサイズなので、大きめのATXケースでも3.5インチベイに干渉して取り付けられない場合があることが難点。

Orchid Prodesigner II/IIs VGAカード

チップセットにTsenglabs ET4000を搭載しており、CGA/MDAとはレジスターレベルの互換性はない?BIOSレベルでのサポートにも、VGAディスプレイに映すためには別売のTranslation ROMが必要なので、標準構成では互換性が乏しい。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain