かつてMicrosoftから公開されていたMS-DOS 6.2/V用EMM386.EXE修正版モジュールです。オリジナルのMS-DOS 6.2/VはPCIデバイスを搭載するマシンで使用するとEMM386.EXE組み込み時にフリーズする場合があります。

特に、PCI世代のIntel製チップセット(Triton+PIIXなど)を搭載するマシンではEMM386 Version 4.48以前を導入しようとするとハングする。

最新のVMwareでEMM386がフリーズする問題も、このバージョン(4.49)に差し替えることで解決するかもしれません(未確認)

アップデートファイル

(リンク切れに付きリンク削除 201505)

ファイルリスト

  Name          Original    Packed  Ratio   Date     Time   Attr Type  CRC
--------------  --------  -------- ------ -------- -------- ---- ----- ----
  EMM386.EXE      126046     47243  37.5% 94-12-20 06:20:00 a--w -lh5- CE30
  NEWEMM.TXT        3764      1542  41.0% 95-02-01 06:20:00 a--w -lh5- C092
--------------  --------  -------- ------ -------- --------
     2 files      129810     48785  37.6% 14-04-04 16:19:36

対象ファイルと修正内容 (NEWEMM.TXTより)

EMM386.EXE -- ファイルサイズ : 126,046バイト  タイムスタンプ : 93-12-06 6:20
----------------------------------------
                               < 修 正 内 容 >
    1.PCI バスを装備しているコンピュータで、I/O ポート 400H 番地以降に
        32 ビットでアクセスができないという問題に対処しました。
    2.EMM386.EXE のバージョンが 4.48 から 4.49 になりました。
                    < 修正版モジュールのインストール方法 >
    1. カレントディレクトリを MS-DOS 6.2/V のインストールされている
        ディレクトリに変更します。
        例: DOS というディレクトリに MS-DOS 6.2/V がインストールしてある
             場合は、コマンドプロンプトから次のように入力します。
                                    CD \DOS
    2. 手順 1.で変更したディレクトリから、ダウンロードしたファイルを実行
        します。
          ( NEWEMM.EXE は、必ず MS-DOS 6.2/V のインストールされている )
          ( ディレクトリから実行してください。                        )
    3. 「EMM386.EXE Overwrite [Y/N]」と上書きを確認するメッセージが
        表示されたら Y と入力します。
    4. 解凍が終了してコマンドプロンプトが表示されれば、修正版モジュールの
        インストールは完了です。

MS-DOS 6.2/Vの修正モジュールは他にもあるはずですが、残念ながら見つけることができませんでした。NiftyServeがまだ存続していれば。。。

03   16  KYH04155 95/02/08    9087 2679 B NEW1024 .EXE 1024FD.EXE 修正版
03   15  KYH04155 95/02/08   50490 3419 B NEWEMM  .EXE EMM386.EXE 修正版
03   14  KYH04155 95/02/08   13876 2623 B NEWJKEYB.EXE JKEYB.SYS 修正版
03   13  KYH04155 95/02/08   67354 2042 B NEWIME  .EXE MSIME.SYS 修正版
03   12  KYH04155 95/02/08   17646 3507 B NEWMSCD .EXE MSCDEX.EXE 修正版
03   11  KYH04155 95/02/08  168560 2745 B NEWMSD  .EXE MSD.EXE 修正版
03   10  KYH04155 95/02/08   11687 2221 B NEWMWAV .EXE MWAVDLG.DLL 修正版
03    9  KYH04155 95/02/08   35827 2154 B NEWREAD .EXE ドキュメント修正
03    8  KYH04155 95/02/08   36903 2198 B NEWVSAFE.EXE VSAFE.COM 修正版
03    7  KYH04155 95/02/08  239305 2659 B NEWSCAN .EXE SCANDISK.EXE 修正版
03    6  KYH04155 95/02/08    9332 2330 B NEWSW   .EXE SWITCH.EXE 修正版

PC DOSのEMM386.EXE

ちなみにPC DOS日本語版に収録されているEMM386.EXEのバージョンは次の通りです。

Product Ver.EMM386 Ver.
IBM Win3.1J4.44
PC DOS J6.10/V4.45
PC DOS J6.30/V4.48
PC DOS J6.30C/V4.50
PC DOS J7.00/V未確認
PC DOS J20004.50

comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

Update: 2015-05-24

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain