Image: 171018 RPG ネプテューヌRe;Birth3 Steam版を入手

今さらながら、ネプテューヌRe;Birth3のSteam版を入手しました。本編は既にPS3版のVで3周以上クリアしていますので、ほぼサントラ目当てです。

PC版移植

一応、本編は冒頭15分ほどプレイしました。グラボはRadeon RX 460を使っていますが、最新のCatalystドライバ(17.10)を使うとポリゴンがレインボーになります。安定版の17.7に戻すと描画が正常になります。

PC版の特徴としては、コンフィグとしてジョイスティックのボタン設定やマウス操作対応、タイトルメニュー画面に終了のEXITが追加されたくらいで、PCで動いているのにまるでPS4の画面を映しているような感覚です。PS3版と異なり、60fpsでぬるぬる動きます。マップのオブジェクトとかモンスターとか、眺めていると綺麗に見えてきます。でもプレイヤーキャラのディティールは変わらない気が。

Image: ネプテューヌRe;Birth3 PC

Re;Birth3リメイクとしてはちょっとだけシナリオが追加されたり、台詞をぼかしてあった部分が補完されて理解しやすくなったりしています。

サントラ(追加・セットコンテンツ)

「100$」などmk2からの既存曲も含めて全曲あるのは素直に嬉しい。しかし、V神次元限定版付属CDのOSTと聞き比べてみると、マスタリングが違うようだ。特に「YELLOW HEART’s Theme」で音のパン割り振りに違いが顕著。あと、MP3 160kbpsのせいか音質が良くない。ogg vorbisにするか、最低でも192kbpsでもっと良いエンコーダー使え。

最初の3曲、「Delight of the Victors」「PLUTIA’s Theme」「PURPLE HEART’s Theme」は何度も聞きたくなる。無印の「Neptune suite」やVIIの「MEGA DIMENSION NEPTUNEVII:MAINTHEME」といい、シリーズ歴代のタイトル画面曲は後半の盛り上がりが良い。ただ、ゲームだと普段はタイトル画面すっ飛ばしてロードするから、ここまで聞く機会はあまりないんだよね。強敵に打ちのめされてゲームオーバーして、タイトル画面に放心している時に初めて聴いて驚く。それで、荒れていた心が丸く収まってしまう。

あとはプラネテューヌのテーマかな。これも無印、mk2、Vのどのバージョンもお気に入り。マスタリングや音質には不満が残るけど、何だかんだ買っておいて良かった。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain