Image: 141018 ACT ネプテューヌU [3]チュートリアルはちゃんと読むべき

PS Vita用アクションゲーム ネプテューヌUをプレイ。1章クリアまで。

先月末、WonderGooに行ったときにたまたま知ったのですが、ネプテューヌVのPSVitaリメイク『ネプテューヌRe;Birth3』が12月中頃に発売されるようですね。まだ予約していません。正直買うかどうか迷っています。原作のネプテューヌVは私がPS3を買ったきっかけ、強いてはコンシューマゲームに興味を持ったきっかけであり、マニア心が手を伸ばそうとしているのですが、原作プレイ済のユーザーでも楽しめるものかどうか気になるところです。Webに続報が出てから判断しようと思います。

ネプテューヌUはいつの間にかパッチ1.01が出ていました。パッチ情報はこちら。はっきりわかる違いはキャラ毎に攻撃時のSEが変わったことですかね。

Image: ネプテューヌU バージョン1.01

102 メダルでステータス・装備を強化する

ストーリーはまだ1章なのですが、何だか敵が強くなってきたような気がします。レベル25あたりのステージだと、数十回アタックしてようやく倒せる程度です。『爽快感』とやらはどこへ行ったのか。

そう思っていたら、「セットアップ」の「メダルコレクション」からメダル獲得ボーナスとしてステータスアップや装備を得られることに気がつきました。いやはや、最初にこのメニューを開いたときに説明が出たはずであろうに、全く眼中にありませんでした。

Image: ネプテューヌU メダルコレクション

さっそく入手可能なボーナスを全部もらっておきます。すると、きついと感じていた世界がガラっと変わりました(比喩です。念のため)。ばっさばっさ敵をなぎ倒して、ヒット数、ダメージ数が容易にカンストするようになりました。なるほどこれは爽快。どうりて今までがきつかったわけだ。

1011 1章クリア

シリーズおなじみの負けイベントが発生。すかさずネプテューヌからメタ発言が。

Image: ネプテューヌU ネプテューヌ メタ発言

突如登場した謎の次世代機(?)の素性をつかめないまま1章が終了。

1018 エグゼドライヴを使ってみる

クエスト「勤勉実直な2人限定」を見て「エグゼドライヴ」というのがあったことを思い出したので、使ってみました。(チュートリアルを読み飛ばすスタイルはやめようね)

Image: ネプテューヌU ブラックハート エグゼドライヴ

めちゃくちゃ強い!これをザコ敵相手に使うのはもったいないですね。これで中ボス倒してフィニッシュが決まるととっても爽快です。

今さらになって気がついたことなのですが、敵を倒すと女神状態であってもエグゼドライヴゲージがたまります。つまり、女神化してザコ敵が小範囲に沸いてくる場所で次々にザコ敵を倒していけば、控えキャラのエグゼドライヴゲージが貯まり、ある程度貯めたところで交代。またそのキャラで控えキャラのエグゼドライヴゲージを貯めて交代。と繰り返せば、女神化を維持したまま大量のザコ敵を迅速に片付けることができます。ステージ次第では難しいかも。

Image: ネプテューヌU ブラックハート エグゼドライヴ

エフェクトが繊細化

それにしても今作はグラフィックが綺麗に見えます。特にエフェクトが大きく違います。本編RPGとは違ってキャラクターが画面を派手に動けない分、エフェクトが繊細ながら目立っています。

ネプテューヌRe;Birth1

Image: ネプテューヌRe;Birth1 ブラン テンツェリントロンペ

Image: ネプテューヌRe;Birth1 ブラン テンツェリントロンペ

Image: ネプテューヌRe;Birth1 ブラン テンツェリントロンペ

Image: ネプテューヌRe;Birth1 パープルハート ネプテューンブレイク

Image: ネプテューヌRe;Birth1 パープルハート ネプテューンブレイク

ネプテューヌU

Image: ネプテューヌU ブラン テンツェリントロンペ

Image: ネプテューヌU ブラン テンツェリントロンペ

スクショをうまく撮るのが難しい。

Image: ネプテューヌU ホワイトハート 通常攻撃

Image: ネプテューヌU ブラックハート エグゼドライヴ

Image: ネプテューヌU パープルハート エグゼドライヴ

Image: 超次元アクション ネプテューヌU (通常版) 超次元アクション ネプテューヌU (通常版)
コンパイルハート
コンパイルハート

comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2016 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain