アルベルトシティ S型(型番:AS73BP)のブレーキワイヤやギアチェンのケーブル被覆が劣化してボロボロになってきたので交換。ギアチェンのグリップやカバーも劣化して割れてきたので一緒に交換。

  • サギサカ BR-002 62cm ブレーキワイヤ(※ケーブル長は50cm品があればそちらがより好ましい)
  • サギサカ BR-006 152cm ブレーキワイヤ
  • サギサカ J0167B SHIMANO製内装3段変速器用 変速ケーブル 152cm
  • ブリヂストン シマノ3段変速用グリップ (シフト用パーツ) 3S35-G.A 8910547 P4015 3S35-G.A
  • キャプテンスタッグ オッフル SHIMANO製 ベルクランクカバー

上3つはカインズにて購入。アウターケーブルの長さを巻き尺で測った限りでは、フロントブレーキが約50cm、リアが約145cm、変速が約150cmで、それになるべく近いものを選んだ。ブレーキワイヤのレバー側のリングの径が若干大きかった。それ以外は特に問題なし。

工具はプラスドライバー(レバー緩め・変速器カバー外しに使用)、マイナスドライバー(ケーブル結束フックを開くのに使用)、ペンチ(ワイヤー切断に使用)、モンキーレンチ(ナット回しに使用)があればOK。交換作業は難しくないが、油で手や服が汚れることは当然覚悟しなければならない。

LEDライトが標準装備される前のガチで初期型のアルベルトなので、いい加減壊れてもおかしくないのだが、今もペダルの重さを感じることなく走れている。もっと軽くて「おしゃれ」なシティサイクルに買い替えるという考えもあるんだけど、こっちの方がそれなりの重量物を運べるので買い物の時に重宝する。茶色のカラーデザインも気に入っている。もはや同型機を使っている人はいないだろうから(他に見かけたことがない)、それで優越感に浸れる(笑)


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain