Image: Win8.1(32ビット版)で日本語DOSアプリケーションを動かす

Windows 8.1 32ビット版で日本語PC DOS/MS-DOS(16ビット)アプリケーションを実行する。

既知の方法みたいですが、私は最近知りました。情報を上げて下さった方にこの場から感謝します。この方法はWindows Vista, 7の32ビット版でも使えるようです。

VZ/FAQ - VzWiki

追加機能 NTVDM をインストールする

とりあえず何でもいいのでDOSアプリケーションを開きます。すると追加機能のインストールを要求されるので、インストールします。

Image: Install NTVDM on Windows 8,1

日本語DOSアプリケーションを動かす

  1. 動かすアプリケーションがあるフォルダーをエクスプローラーで開き、「ファイル」「コマンドプロンプトを開く」を選択します。
  2. コマンドchcp 437を実行して英語モードにします。
  3. コマンドgraftabl 932を実行すると表示が日本語に切り替わります。
  4. このままだとキーボードレイアウトが英語のままになっているので、日本語配列に変えたい場合はLH %SYSTEMROOT%\SYSTEM32\KB16.COM JP,932,%SYSTEMROOT%\SYSTEM32\KEY01.SYSを実行します。
  5. 日本語DOSアプリケーションを実行します

核になるのはchcp 437graftabl 932の2つのコマンドです。英語モードではこんな感じで文字化けしますが。

Image: JED text editor on codepage 437

上記の方法により正しく表示されるようになります。

Image: JED text editor on codepage 932

欠点はMS-IMEが組み込まれていないので日本語入力ができないことと、一部正しく表示されないアプリケーション(XP以前では表示できる)があるということでしょうか。

Image: Assist word on ntvdm


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. This blog theme is based on sakmug. Hosted by Xdomain