Image: Ryzen 7 1700 + ASUS PRIME X370 PRO 定格動作

相性によってはメモリタイミングの調整要

中古で買ったCorsair CMK16GX4M2A266C16は標準設定ではDDR4-2133まで速度が落ちてようやく起動しました。メモリタイミングのDRAM RAS ACT Timeを35→37に変更するとDDR4-2400 15-15-15-37で動作しました。電圧を1.30Vに上げたところDDR4-2666でも動作しましたが、今はDDR4-2400として使っています。

H.264エンコード

1440x1080i 60fps 約30分の動画ファイルをH.264ソフトウェアエンコードで1280x720p 24fpsに変換するのに掛かった時間を計測。

Case i5-4690 @3.9GHz i5-3570K @4.3GHz Ryzen 7 1700 @3.15GHz
SuperPI 419万桁 49秒 45秒 1分6秒
HandBrake x264 14分6秒 12分38秒 6分34秒

さすが8コアだけあってエンコードが速い。Core i5の半分の時間でエンコードが完了しています。ついでにSuperPIでシングルスレッド性能も出してみました。こちらはクロック相応でしょうか。

各種ベンチマーク

GPUはRadeon RX 460 2GB。

HDBENCH 3.40b
Image: OCCT i5-3570K 4.3GHz

CrystalMark 2004R3 (2017年3月版) 1920x1080
Image: OCCT i5-3570K 4.3GHz

CineBench R15: 83.19 fps, 1340 cb
Image: OCCT i5-3570K 4.3GHz


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain