Image: Transcend SSD220Sのファームウェアを更新

Transcend SSD220Sのファームウェアを更新してみる。SSD Scopeからの更新方法にも触れておく。バージョンP0330AA→P0520AA。

警告: ファームウェアの更新はデータの消失を伴う場合があります。更新作業は必須ではなく、失敗しても通常は保証の対象になりません。この作業には起動ドライブの作成やデータのバックアップなどの知識が必要です。パソコンの取り扱いに熟知している方のみ作業を行ってください。

必要な事前作業

  • FAT32フォーマット済みのUSBメモリ
  • 更新するSSDのディスクデータのバックアップ(あるいはクローン作成)

ファームウェア更新方法

更新ツールをダウンロード

TranscendのサイトからSSD Scopeをダウンロード・インストールする。

SSD Scopeを起動して「アップデート」タブをクリックする。現在より新しいファームウェアがリリースされている場合は「利用可能な新しいファームウェアが見つかりました。ダウンロードしますか?」という表示になっているので、「ダウンロード」をクリックする。

Image: SSD Scope アップデート

このボタンをクリックするとファームウェア更新用のツールがダウンロードされる。SSD Scopeのマニュアルによると、ダウンロード先はD:\Transcend_SSD_FW_Update_Package、Dドライブが存在しない場合はCドライブの同じ場所になるみたい。ダウンロード後に「Do you want to open this file?」という、そのフォルダーを開くかどうかメッセージが出るが、このあたりは事前説明が欲しいところ。

Image: SSD Scope アップデート

海外のあるサイトには「クリック一発でファームウェアを更新できる」と書かれていたが、それは全くの誤りだった。

更新ツールのセットアップ (USBメモリを使用する場合)

事前に128MB以上のFAT32フォーマット済みのUSBメモリを接続しておく。

ダウンロードしたファイルを展開。その中にある「unetbootin」(起動ドライブ作成ツール)を起動する。「ディスクイメージ」「ISO」を選択し、ファイルパスは先ほど展開した同じフォルダーの中のisoファイル、今回はP0520AA_TS240GSSD220S_SM2256AA_B95_DDP.isoを指定する。「ドライブ」にUSBメモリのドライブを指定してOKをクリックする。

Image: unetbootin

データが入っているドライブでもこの操作自体は完了するが、私の場合は更新ツールが起動しなかった。ドライブは事前にフォーマットしたほうがいい。ボリュームラベルは「TRANSCEND」に設定しておく必要があるらしい。

今回はUSBメモリを用いたが、代わりにISOファイルをCD-RやCD-RWに焼いても良い。また、付属のunetbootinはWindows版だが、他にLinux版やMac版もある。

UNetbootin - Homepage and Downloads

更新対象のSSDのデータをバックアップ

念のため更新対象のSSDのデータを別の場所にコピーしておく。

Image: HD革命/CopyDrive Ver.5.0.7 DiskCloneTool

私の経験上、Crucial、Intel、Samsung製SSDのファームウェア更新でそのデータが消えたことはないが、マザーボードのBIOS更新でRAID構成が消えたことはある。SSDに限らず、ファームウェア更新は保存データを消失するものだと常に注意しておいた方が良い。

IRST RAID0 Status - Failed からの復旧 [Win8] - Diary on wind

更新ツールを起動

USBメモリからUEFIブートで起動する。下のスクリーンショットはASRock ZH77 Pro3の場合で、PCの電源オン後にF11キーを押し続け、ブート選択メニューが表示されたら「UEFI」で始まるUSBメモリの項目を選択する。

Image: Select boot device

Transcendという背景の画面になれば更新ツールの起動に成功。黒い背景のままなら失敗しているので、USBのフォーマットや起動方法を見直す。

リストから更新するSSDを選択してUpdateをクリック。確認画面でYESをクリックするとファームウェアの更新が始まる。「swap Successful」というメッセージが出れば更新成功。その次の画面で「Yes」を選択するとコンピューターの電源が切れる。

Image: HD革命/CopyDrive Ver.5.0.7 DiskCloneTool

他のサイトにはTranscend製SSDのファームウェアを更新するとデータが消えると書かれていたが、今回の更新作業ではデータは消えなかった。

バージョンP0330AA→P0520AA ベンチマーク比較

念のため更新後にベンチマークをとってみたが、誤差の範囲内の変化しかなかった。シーケンシャルライトはぶれが大きすぎて、どう判断すれば良いのやら。

バージョンP0330AA テストサイズ1GiBx5、テストサイズ8GiBx3
Image: CrystalDiskMark 5.1.2 x64 ベンチImage: CrystalDiskMark 5.1.2 x64 ベンチ

バージョンP0520AA テストサイズ1GiBx5、テストサイズ8GiBx3
Image: CrystalDiskMark 5.1.2 x64 ベンチImage: CrystalDiskMark 5.1.2 x64 ベンチ

ファームウェアの更新内容についてはどこにも記載が無く、何が変わったのか分からない。

TranscendとはJetFlash 110以来長い付き合いで、ハードウェアには信頼を置いているけど、相変わらずサポート面で不安が残るメーカーだなぁ。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain