Image: VMware Player上のWinXP上のVirtual PCでWin3.1を動かす

仮想マシンの中で仮想マシンを動かす(ネスト)という禁断(?)の技を試してみました。

まず、VMWare Workstation 12 PlayerにWindows XPの仮想マシンをセットアップします。そこに、Microsoft Virtual PC 2007 SP1をインストールします。

ホストのvmware Playerで作成した仮想マシンの設定を開き、「プロセッサ」から「Intel VT-x/EPTまたはAMD-V/RVIを仮想化」にチェックを入れます。こうすることでゲストでハードウェア仮想化(VT-d)がサポートされるようになります。Virtual PCはソフト仮想化もサポートしているのでVT-dは必須ではありませんが、こうするとパフォーマンスが体感できるレベルでだいぶ改善します。

Win3.1をインストールする前にDOSをセットアップする必要があります。今回はDOS J5.0/Vを用意しました。

Image: DOS J5.0/V on VirtualPC

VMwareではDOSインストール完了後の起動でEMM386組み込み時にフリーズしますが、VirtualPCでは正常に動作します。ただ、EMM386はWin3.1の動作に必須ではありませんし、パフォーマンスが落ちるので、外しておきましょう。

Image: Win3.1 on VirtualPC

難なくWin3.1起動。256色化も問題なし。

もうすぐWindows 95日本語版発売から20周年、Windows 3.0英語版発売から25周年ということで、3.0からXPまでの歴代のWindowsをWindows 10上で動かしてみました。

Image: Win3.1/95/98/Me/XP on Win10

本気で集める気はなかったのに、気がつけばコレクターばりに歴代バージョンのWindowsを抱えていました。Win2000はディスクもイメージも手元になかったのでこれで勘弁して下さい。

似たようなことを最近アスキーさんがやっていますね。


comments powered by Disqus

※コメント欄が表示されない場合はdisqusについてJavascriptが有効であることを確認して下さい.

(C) 2008-2017 akm. Style based on sakmug. Host powered by Xdomain