基板写真館:NEC PC-9821Xp

日本電気株式会社 PC-9821Xpパーソナルコンピューター(1994年発売)の基板写真集です。

本体内部

Image: PC-9821Xp内部

メインフレーム機では1980年代には既に空冷のみならず水冷クーラーが使われていましたが、PCの世界でCPUにヒートシンクが付くようになったのはこの頃からです。i486以前は他のチップと同じように丸裸で、ケースファンや電源ユニットからの強制換気で冷却していました。

メインボード 表

Image: PC-9821Xp マザーボード

基板識別記号はG8RNL。NEC自社製カスタムチップが多いのが印象的です。72pin SIMMソケットが3つ。その隣はPCIスロットではなくセカンドキャッシュを取り付けるスロット。その隣の黒いスロットが98拡張スロットの通称「バス籠」を取り付けるスロット。CPUソケットはSocket 6というもので、海外では採用例はないと言われていたくらいのレアものです。

Vision864(86C864) グラフィックアクセラレーター

Image: S3 Vision864

メインボード 裏

Image: PC-9821Xp マザーボード

裏面は最近のPCのマザーボードと変わり映えしませんね。基板の材質は、表面のざらつきが格子状で、パターン空白部分はPC-9801ES/DXのものよりも深緑色をしています。厚くてかなり硬そうな印象です。

PC-9821XS-B01 セカンドキャッシュボード

Image: PC-9821XS-B01 セカンドキャッシュボード

128KBセカンドキャッシュメモリを搭載したボード。下位モデルのPC-9821Xsではオプション。P/Nは136-550412-E-05。基板識別記号はG8RRF。i386以降Pentium以前のCPUを搭載するPCでは、マザーボードなどCPU外部にキャッシュメモリーを搭載する場合がありました。PentiumⅡ以降はアクセススピードの都合でCPUに統合されるようになりました。

PC-9821XS-B01 セカンドキャッシュボード 裏面

Image: PC-9821XS-B01 セカンドキャッシュボード

Specification (PC-9821Xp/C8W)